Windows Live 製品のダウンロードにはご注意を

先日、海外のWebサイトでこんな記事を見つけました。

High demand for Windows Movie Maker leads to a new scam

簡単に言えば、Windows Movie Makerという、以前、Windows Live製品の1 コンポーネントとしてついていた動画編集ソフトのニーズがここにきて高まって、これが新しい詐欺被害につながっている…という内容のもの。

Windows Liveシリーズの製品の最新版であった、Windows Essentials 2012 は、2017年1月10日をもってサポートが完全に終了し、配布も終了しています。当然仮に不具合が見つかっても、それが修正されることもありません。

ですが、意外に根強いニーズがあるんでしょうね。日本語で検索しても、ダウンロードできるよ?っていうところがわんさかと検索結果に引っかかってきます。さらにそれによって、マルウェアに感染されている例もちらほら見かけます。

【Movie Makerにかわるもの?】

Windows Liveメールもまだまだ利用者は多いのですが、Windows 10だったりすると、メールアプリもあれば、Office製品が入っていれば、Outlookもある。フリーで配布されているようなもので言えば、Thunderbirdといったものなどこれに変わるものっていくらでもありますし、さらに言えば、Gmailとか、Outlook.com などに、アカウントを設定すれば、ブラウザさえあればメールの利用は可能になります。

ただし、Movie Makerっていうソフトとなると、こうしたものの様に使い勝手もよくて、無料で利用できるものを探すとなると、なかなか難しいですね。もちろん古くからフリーで配布されている動画編集ソフトなんて言うものは確かにありますが….

では、これに変われるもので、使いやすいものがないか? 確認してみました。

1) Story Remix

Windows 10 の Fall Creators Update から提供されている、”Story Remix” はまさにこれに変わるものの一つになります。今後さらに機能が充実していくことと期待したいツールの一つですね。

* この製品をダウンロードできるよ?というサイトも検索するとでてきますが、あくまでもこれだけダウンロードできるものではないのでご注意ください。

Introducing Story Remix in Windows 10

2) PlayMemories Home

ソニーが無償で配布している、PlayMemories Homeは、DVDムービーへの書き出しも可能な本格的なソフトです。写真や動画の管理・編集・共有機能といったことをサポートしてくれる優秀なソフトです。こちらは、Windows7 SP1、Windows8.1、Windows10、macOS 10.11以降 で利用できます。

PlayMemories Onlineのクラウドサービスも無料で登録すれば利用可能になります。 またこのソフトは、Windowsユーザー向けだけではなく、Macユーザー向けにも、またモバイルユーザー向けにもあるってところが特徴でもあります。

他にもまだまだ探せばあるかもしれませんが、Movie Maker がないからといって、うかつに検索しておかしなサイトからダウンロードしないようにくれぐれもご注意ください。

さらに言えば、こうしたWindows Live製品の修復をうたった詐欺サイトなどもあったりするので、本当に何が何だか?わからなくなってますね。場合によってはリカバリせざるを得なくなることもあるので、くれぐれもご注意ください。

今回拝見したサイトを見てて、Store に公開されている、”Movie Moments” なんていう、動画編集アプリも紹介されていましたが、こんなものもあったんですね….

<参照>

Windows 10:製品版「フォト」で Story Remix が利用可能/世の中は不思議なことだらけ
AIが自動でプロ並みのムービー編集&加工をしてくれる「Story Remix」をMicrosoftが発表、3Dを使ったムービーも簡単に作成可能/Gigazine
PlayMemories Home/ソニー

広告

メジャーアップデートで変わっていく Office 2016 for Mac

Office Insider向けに、いち早く2017年10月2日に配信されたメジャーアップデート。

パソコンのツボ” 本館 では、これによって、変わった “Office 2016 for Mac” の各機能について取り上げてみました。

現時点ではまだ、Insider Fast(Office Insider)向けに提供されているだけですが、Ver.15.**  → Ver.16.**  になって、追加された機能についてこちらでも取り上げさせていただきました。

Insider Fast 向けには、その後も、Updateが続いており、11/3に配信があった、Ver.16.7.0(17102900) が最新バージョンになります。(リリース日 10/29)

パソコンのツボ本館でご紹介した記事へのリンクという形で、メジャーアップデートした Mac 版 Office の新しい機能などについてご紹介いたします。

1) Outlook 2016 for Mac Ver.16.6(17100100)の新しくなった機能
2) PowerPoint 2016 for Mac Ver.16.6(17100100) の新しくなった機能
3) Excel 2016 for Mac Ver.16.6(17100100) の新しくなった機能
4) Word 2016 for Mac Ver.16.6(17100100)の新しくなった機能

全体的には、新機能として、Office 365 サブスクライバー向けの機能が増えてきました。

以前にもここでご紹介しましたが、Mac版でもWindows版同様に、いわゆる Office Home & Business 2016 for Mac/Office Home & Student for Mac などといった買い切り版との機能の差もこれからどんどん出てくるんでしょうね。

新機能が追加される、あるいは新バージョンが出た際には、新バージョンに Update も可能なものをご利用になる場合には、Office 365 Solo などをご利用いただく必要があります。

Office 365 Solo と、いわゆる Mac 版の買い切り版の Office 2016 の機能の違いについては、”機能はそのままに、Mac用にデザインされたOffice 2016 for Mac” のサイトに以下のような機能比較が紹介されています。ぜひご参照ください。

Office Insider向けについては、すでにメジャーアップデートがされていますが、特にこれといった発表はありませんが、通常版がメジャーアップデートするのはもうちょっと先のようです。

通常版の更新履歴は、”Office 2016 for Mac の更新履歴” にてご確認いただけます。

現在のところ、2017年10月10日にリリースされた Ver. 15.39.0 (17101000) が最新のようです。

なお、OneNote 2016 for Mac については、特に取り上げておりませんが、一応こちらもメジャーアップデートにて、他の製品同様、バージョン的には、現在、Ver.16.7.0(17102900) となっていますが、リリースノートを確認する限り、新しい機能の追加、不具合の修正など特にないようです。

 

<参照>

Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office に新機能が追加されるサブスクライバーって何?
機能はそのままに、Mac 用にデザインされたOffice 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の更新履歴

Surface Laptop ~ Surface に新しい風

Surface、Surface2、Surface Pro、Surface Pro2、Surface Pro3、Surface3、SurfacePro4、そして、Surface Book と続く Surface シリーズに新たな仲間が加わりました。

それが “Surface Laptop”。Surface Book と同じ、クラムシェルタイプのノートPCです。

その薄さ、軽さ、そして高級感あるアルミのボディ。触り心地のいいキーボード。これまでの Surface になかった斬新なデザインは、多くの人を虜にしています。

洗練されたアルミのボディが高級感を漂わせる

これまでの Surface とは一線を隔した筐体。高級感あふれるアルミボディ、そして肌触りのいい、Alcantara製の布地を使用したキーボード。
その一つ一つが Surface Laptop の大きな特徴ともいえます。

~ そのスペックは?

大まかにそのスペックをご紹介すると以下の通りです。

 CPU :  第7世代のCore i5またはCore i7を搭載
  画面サイズ :  13.5インチ、PixelSense ディスプレイを採用
  記憶容量 :  128Gb~512GbのSSD
 メモリ :  最大 16Gb
 バッテリ :  最大 14.5時間の動画再生が可能
 重量 :  i5: 1,252g i7: 1,283g

詳細は、ぜひ、”Surface Laptop の主な仕様“ をご覧ください。

 

~ Alcantara製の布地を採用したキーボード

Surface Pro のタイプキーボードとも違う、そして、Surface Bookとも違う肌触りのいいAlcantara製の布地でカバーされたキーボード。

新しいPCが到着して、開封の儀… ふたを開けて取り出した時の存在感は、やっぱりいいですね。

 

YouTubeで公開されている動画でも、その良さはよく伝わってきます。

 

 Dolby® Audio™ Premium 装備した Omnisonic スピーカーを搭載

このコンパクトな筐体に採用されいるDolby Audio Premium 装備した Omnisonic スピーカー。その音質も侮れません。

ぜひ Microsoft Edge を利用して、そのデモサイトで体験してみてください。その臨場感あるれるサウンドは圧巻です。

Dolby Audio Experience – Microsoft Edge Development

 

~ そのソフト環境

Surface Laptop の特徴の一つでもあるのが、そのOSです。
Surface Laptop には、Windows 10 S が搭載されています。

その大きな特徴は、Windowsストアを介して提供されるアプリケーションしか実行できない点。Microsoft検証済みのアプリのみしか利用でいないわけですから、そのセキュリティは、通常のWindows 10 に比べると数段高くなります。

 

ただし一方で、それしか利用できないというデメリットもあるわけですが、以前にもこちらでご紹介しましたが、Surface Laptop ユーザーには、2018年3月末までの間、Windows 10 Pro への無償 Upgrade が用意されています。

Windows 10 Pro への Upgrade が、2018年3月31日までに延長!

 

~ Office Home and Business 2016 を搭載

さてもう一つ大切なのが、Office アプリ。他の Surface 同様に、当然ながら、Surface Laptop にも Office が搭載されています。

ただし、他のSurface Pro 製品では、通常 “Office Home and Business Premium” が搭載されていますが、こうした従来のSurface Proシリーズとは異なり、Surface Laptop に搭載されているものは、”Office Home and Business 2016” になります。

ここで注意したいのが、その製品の特長の違いです。

 

2つの製品には以下の様な違いがあります。

Office Home and Business Premium: 市販されている Office 365 Solo のようなサブスクリプション版と同じように、新機能が随時追加され、さらにバージョンアップも可能な永続ライセンス版です。通常はこれに、1年間有効な、Office 365サービス(2年目以降は有料にて更新する必要があるサブスクリプションサービス)がついてきます。

Office Premium 搭載 PC

Office Home and Business 2016: こちらは、買い切り版ともいわれるもので、永続ライセンス版という点では一緒ですが、Office Premiumのような新機能の追加や、バージョンアップなどは行われません。

Office 365 と Office 2016 の違い

来年には、Office 2019 が登場しますが、従来の Surface Pro についてくる、Office Home and Business Premium の場合には、Office 2019 の提供が開始されれば、利用可能なわけですが、Office Home and Business 2016 では、利用できません。

こうしたバージョンアップの他にも、新機能が随時追加されるかどうか?といった製品自体にも違いが出てくるので、注意が必要です。

Office に新機能が追加されるサブスクライバーって何?

もっともこうした製品の違いは把握した上でご使用になる分には、特に問題もないわけです。

 

~ 話題の WindowsMRは?

ここ最近、先日の、Fall Creators Update に合わせて、各メーカーから販売が始まった、Windows MRのヘッドセット。注目の技術ともいえる、Windows Mixed Reality への対応はいかなるものか?

さっそく、”Windows Mixed Reality PC check” で確認してみました。

当然ではありますが、確認した段階ではまだFall Creators Updateがインストールする前だったこともありますが、さすがにこちらはまだまだ登場し始めたばかりの新しい技術。PCに求められるスペックも高いので、CPU的にも、グラフィックス的にも、こちらの部分ではちょっと力不足のようです。

Windows Mixed Reality のご紹介

携帯性を重視している PC にそこまで求めるのも酷かもしれませんね。

 

~ 今後の Surface Laptop

当初 日本で販売が始まった Surface Laptop は、プラチナの一色でしたが、その後、バーガンディコバルトブルーグラファイトゴールドが加わり、カラーバリエーションが出そろいました。

現在、Core i5 搭載の機種のみしか販売されていませんが、今後、Core i7 搭載の機種の販売も予定されているなど、さらにパワーアップした Surface Laptop が投入される日も間近です。

Surface の特徴 ともいえる Surface ペン。そして、私も昨年シアトルでちょっとだけ触ってきましたが、すでに国内でも販売されている話題のSurfaceダイヤルSurface ドックや、Surface Arc Mouseなど、Surface をさらに便利に活用するための、パワフルなアクセサリも用意されています。

Surface の新しい仲間 ”Surface Laptop“。今後も注目していきたい Surface ですね。

 

<参照>

Surface Laptop
Surface Laptop の主な仕様
Announcing Dolby Audio for high performance audio in Microsoft Edge
Windows 10 S について
Surface Laptop colors arriving in additional countries

Fall Creators Update がやってきた!

米国時間2017年10月17日10時(日本時間 2017年10月18日午前2時)についに配信が開始された “Fall Creators Update“。

当初、自動の Windows Update では、”Creators Update” の時のように順次配信でなかなか落ちてこないものではないかな?と思われたものの、一夜明けて今朝、手動で Windows Update の画面から更新をかけたら、いきなりスタートしました。

そしてうちも現在 Update 中なわけですが、非常にスムースに進行しているようです。(現在のところは…)

さて、Windows 10 の更新が、年2回になったわけですが、これはひとつに Office の更新と時期を合わせるという意味もあったわけで、一方の Office の更新はどうなったのか? と思っていたら、Office については、どうも 2017年10月16日(日本時間 2017年10月17日)に配信された、Ver.1709(ビルド8529.2139) がこれに該当するようです。

英語版の、”Office 365 client update channel releases” によると、これが最新バージョンとして掲示されております。Ver.1708 から、Ver.1709 に上がったのでこれなんでしょうね。

ちなみに、こちらのリリース情報のページには簡単に更新内容も掲載されていますが、日本語版の方は情報が更新されていませんので、参考にする場合には英語版の方をご参照ください。

これから、じっくり確認したいと思います。

 

<参照>

Office 365 client update channel releases

Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース

 

Outlook 2007 では、Exchange Online に接続できなくなる

前回、10月10日にサポートが終了する製品についてご紹介いたしました。

サポートの終了 ≠ 動かなくなる

であることは前回も書きました。

サポートが終了すればセキュリティ上のリスクが大きくなるなどそうしたお話は当然なのですが、Outlook 2007 に Exchange Online のアカウントを設定されている方は、単にサポートが終了するだけでは済まないので注意が必要です。

 

【10月31日以降Exchange Onlineが変わる】

2017/10/31 の Office 365 における RPC over HTTP のサポート終了に伴う MAPI over HTTP 移行の注意点/Outlook Support Team Blog JAPAN

これまで、Exchange Onlineは、

  1. MAPI over HTTP
  2. RPC over HTTP

の2つの接続方法が選択できましたが、2017年10月30日をもって、RPC over HTTP 接続のサポートが終了いたします。

すなわち、10月31日以降は、MAPI over HTTP  で接続する必要があります。

 

【Outlook 2007は、MAPI over HTTPに非対応 】

Office 2007 サポート終了に伴う影響について/Outlook Support Team Blog JAPAN

今回、サポートが終了する、Outlook 2007の場合、MAPI/HTTP で接続を行う機能がありません。したがって、10月31日以降、Outlook 2007 では、Exchange Online の利用ができなくなります

つまり単にサポートが終了するけどセキュリティ上のリスクさえ把握していれば問題ない…. とはいかないわけですね。

ご注意ください。

 

<参照>

Office 2007 サポート終了に伴う影響について/Outlook Support Team Blog JAPAN

2017/10/31 の Office 365 における RPC over HTTP のサポート終了に伴う MAPI over HTTP 移行の注意点/Outlook Support Team Blog JAPAN 

 

2017年10月10日にサポートが終了する製品

パソコンのツボ本館では何度か取り上げていますが、間もなく、2017年10月10日サポートが終了する製品について、こちらでも取り上げさせていただきました。

時々勘違いされる方もいらっしゃるので、最初に申し上げますが、サポートが終了するということと、動かなくなるということは別の問題です。サポートが終了したら動かなくなってしまうということでははありません。

あくまでも、マイクロソフト側からプログラムの不具合などが見つかってもプログラムの修正、あるいは修正プログラムの提供などが行われなくなるということを意味します。

ただしそうした修正が行われないということになると、内容によってはセキュリティのリスクが高くなるわけですから、利用を控える、あるいは最新のものに入れなおす必要が出てきます。

では2日後、10月10日にサポートが終了するコンシューマー向け製品についてご紹介いたします。

 

【Windows 10 も決して例外じゃない】

まずは、OS から。

2017年4月11日Windows Vista のサポートが終了したことはご存知かと思います。

Windows Vista のサポートは終了しました

それを機に、Windows 10 などに乗り換えた方も大勢いらっしゃるかと思います。

Windows Vistaは終了したばかりだし、Windows 7 は、とりあえず、2020年1月14日まで続く。では今度は何のサポート期限が来るの?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ご存知ですか? OSにはサポート期限があります!

実は、Windows 10 Ver.1507 のサポート期限が、2017年10月10日 までになっています。

これまでのOSと異なり、Windows 10 の場合には、大きな括りで言えば、2025年10月14日までサポートが続くわけですが、実は、この間に大型の Update が繰り返されていきます。

一番最初、 2015年7月29日 にリリースされた、初期の Winodws 10 Ver.1507 については、すでに、2017年5月9日にサポートが終了しています。

そして今度、10月10日にサポート終了を迎えるのは、 2015年11月10日 にリリースされた Windows 10 Ver.1511 ということになります。

10月17日からは、次期バージョンになる Fall Creators Update Ver.1710 の配信が開始されます。

時々、Windows Update に失敗して、Windows 自体が全く更新ができていないというケースを見かけることがあります。

うちは、Windows 10 だから大丈夫….ではなく、これを機会に一度、ご利用の Windows 10 のバージョンを確認してみてください。

 

【Office 製品は、Mac版も注意!】

さて次は、WordExcel などといった Office 製品です。

ご存知ですか? Office にはサポート期限があります!

ご覧いただくとお分かりのように、

  • Windows版: Office 2007
  • Mac版: Office for Mac 2011 

の製品がサポートの終了を迎えます。

Office 2007 のサポート終了

Office 2007 と言ってしまえば、ざっくりとしていますが、Word 2007、Excel 2007などの各アプリのサポートが終了するということになります。

また、Mac版の、Office for Mac 2011 については、先日公開された、macOS Hight Sierra においては、サポート対象外になります。

 

【その他のサポートが終了する製品】

こうした Windows や Office 製品以外にも様々な製品がサポート終了を迎えます。

2017 年にサポートが終了する製品

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1などの主に法人向けのものから、今回ご紹介したOffice 製品などなど、こうしてみるとたくさんの製品があることをご確認いただけると思います。

その他詳細については、”Microsoft サポートライフサイクル” にて確認してみるとよろしいかと思います。

 

もうぼちぼち、2018年にサポートの終了を迎える製品についても心配しないといけないんですね….。

 

<参照>

DELLが秋に展開するコンシューマー向け新製品を発表!

本日9/29都内のホテルで、デル株式会社の “コンシューマー新製品発表会” が開催されました。

各メディアの他、デルアンバサダーや、Dellパートナーを招いて開催された発表会では、コンシューマー向け市場におけるDELL製品の現状、今後のコンシューマー市場向けの展開についての説明、そして新製品のラインナップの紹介、さらにシークレットゲストとしてフリーアナウンサーの加藤綾子さんを招いて、”働く女性のライフスタイル” をテーマにフリーセッションが行われました。

 

【過去最高の市場シェアを達成!】

冒頭行われた、DELLの現況においては、今回、13.3%と、過去最高の市場シェアを達成できたこと。また販売台数も、1.3倍と大幅に躍進したことを紹介。

 

今後コンシューマー向けには、”さらに多くのお客様に最高のエンターテイメント体験をお届けする“ と、エンターテイメント(音楽や映像などの動画)面を強化し提案していくことを強調。


・製品の拡充
・オムニチャンネルの強化
・グローバル組織との連携強化

を挙げ、さらにコンシューマーニーズに沿った製品作りに注力していくことをアピールしていました。

 

【新規に投入される7種のノート】

今回紹介されたのは、


・XPS 13
・New Inspiron 13/15 7000
・New Inspiron 13 7000 2-in-1
・New Inspiron 14 7000
・New Inspiron 15/17 5000

の7機種。いずれにも、次世代プロセッサ 第8世代の Intel Core i を搭載。ビジネスからファミリーユースを対象にしたものまで、さまざまなバリエーションを用意しています。

各新製品へのリンクは以下から:

上級モデル Inspiron 7000シリーズ

New Inspiron 13 7000ノートパソコン

New Inspiron 15 7000ノートパソコン

New Inspiron 13 7000 2-in-1

New Inspiron 14 7000 ノートパソコン

標準モデル Inspiron 5000シリーズ

New Inspiron 15 5000 ノートパソコン

New Inspiron 17 5000 ノートパソコン

今回紹介された新機種の他にも、現行モデルも含め、コンシューマー向け Inspairon には様々なバリエーションが用意されています。

コンシューマー向け Inspiron

さて今回紹介された新製品の中で、上位モデルの Inspiron 7000 シリーズとともに、標準モデルになる Inspiron 5000シリーズ も紹介されていましたが、こちらはファミリーユースを念頭に置いた商品で、さらにCPUにAMDを搭載した廉価版も用意されているなど、比較的手軽に新しい製品への乗り換えができるようになっているようです。

New Inspiron 15 5000 (AMD)

今回の新製品に加え、現行製品を含めてかなりの数のラインアップになります。詳細は以下のサイトもご参照ください。

デル新製品一覧ページ(個人のお客様向けモデル)

 

【フリーセッション・働く女性のライフスタイル】

フリーセッションでは、シークレットゲストとして登場したフリーアナウンサー・加藤綾子さんが、DELLの製品に対するイメージや、休日の過ごし方など、実際にニューヨークで過ごした休日のお話を含め、今後も音楽や映像、レシピなど、フルにPCを活用していきたいといった内容でお話をされていました。

そして最後に、”自分なりのリフレッシュ法をぜひ探してしてみてください” といった話で締めくくりました。

 

【キャンペーン実施中!】

最後に、ちらっと紹介されていたEメールマガジン登録キャンペーン。
現在その第一弾が、本日から始まっています。

メルマガ登録キャンペーン


第一弾 「New Inspiron 7000」シリーズ プレゼント 【9月29日(金)~10月31日(火)】

第二弾 「New Inspiron 5000」シリーズ プレゼント【11月1日(水)~11月30日(木)】

抽選で、4名に、話題の新製品がプレゼントされるというキャンペーン。

こちらもぜひのぞいてみてください。

この秋に投入されたコンシューマー向けDELLの新製品。

ぜひ一度家電量販店などに出向いて、実際に触って、そしてその素晴らしさを体験してみたいですね。

今回初めて、新製品発表会に参加させていただきましたが、本当に楽しい、そしてわくわくするような時間を過ごさせていただきました。