さて次の Windows はどうなる?

先日、今月の24日に次期 Windows に関するオンラインイベントが開催されることが発表されました。

ちょうど先日、Windows 10 May 2021 Update Ver.21H1の配信がスタートて半月ぐらいたったところでの発表。

Windows 10 もその登場が、2015年7月ということからすると、もう10年になるんですね。その内容については、6月24日になってみないと分かりませんが、このイベント注目していきたいと思います。

イベント開催日時: 2021年6月25日 日本時間 0:00~1:00

<参照>

Join us to see what’s next for Windows

Yahoo メール、POPでの外部メール受信機能が5月31日で終了

Yahooメールや、Gmailなどのサービスには、Yahooや Gmail 以外のプロバイダーなどのメールなどを Yahooメール や Gmail でも一括して受信して見られるようにするために、外部メールの受信機能があります。

今回、Yahooメールでは、POP形式による外部メール受信機能の提供が終了することになりました。

【新規追加はすでに停止】

すでに新規に追加することは、2021年2月28日をもって終了しており、追加できなくなっております。
なので影響を受ける方は、今まで利用されていた方のみです。

終了日: 2021年5月31日

現在ご利用の方は、6月1日以降くれぐれもと注意ください。

代表的なプロバイダーのメールサービスを利用の場合には、Yahoo側にPOPとして設定するのではなく、プロバイダーのメールサービス側でメール転送などを利用するようにとの対処法が紹介されております。

<参照>

POPでの外部メール受信機能の提供終了について
POPでの外部メール受信機能の提供終了後のご利用について

Windows リリース正常性ダッシュボード

先日、2021年上期のバージョンとなる “Windows 10 Ver.21H1” がリリースされました。Windows の更新は、こうした上期・下期にそれぞれリリースされる大型の Update の他にも、毎月提供されている更新プログラムがあります。

こうした更新プログラムの情報を集約しているのが、今回ご紹介している “Windows のリリースの正常性” というWebサイトになります。

従来より既知の問題はリリースノートやサポート記事を通じて発信されており、既知の問題が解決するとそこにリンクが張られるという状況でした。

なので既知の問題を追いかけていくとなると、KB番号で検索したり、リリース情報をお気に入りに登録して、その情報の更新内容を追いかけていく必要がありました。

こうした情報を集約しているのが、”Windowsのリリースの正常性” ダッシュボードということになります。
主に、

  • ロールアウトの状態
  • 既知の問題や最近解決された問題の状態
  • Windows更新プログラムに関するニュース

といった情報を提供されています。

上記の様にバージョンごとに、現在のロールアウトの状態、既知の問題とお知らせ、解決した問題が紹介されています。

リリース情報では、現在の各チャンネルのリリース状況が、そして、メッセージセンターでは最新のお知らせが確認できるようになっています。

あのトラブルどうなったかな? 既知の問題の更新プログラムはてきようされたのだろうか?そんな時には、”Windows リリース正常性” ダッシュボードをご確認ください。

<参照>

The Windows release health dashboard: more than just known issues
Windows のリリースの正常性

開封確認を要求するAmazonのフィッシングメール

Amazon のアカウントを搾取するために送られてくるフィッシング詐欺メール。

相変わらず減りませんね。
もちろんメールを開いても、基本的には、リンクをクリックしてアカウント情報を入れたりしなければそれ以上のことになならないのですが、この Amazon を騙るフィッシングメールに新たなパターンが….

メールを開いてみると、 “開封確認”を送っていいか?というポップアップが….

どうやら、開封確認を要求するようなフィッシングメールも出回っているようです。要はそのメールがちゃんと届いているのかを、敵も知りたがっているってわけですね。

そんなメールを開けて、開封確認の通知を送るかどうか?聞いてきても絶対に送信などしないで削除してください。

<参照>

AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける
Amazonを装った迷惑メールの見分け方と3つの対処法/Norton
Amazon関連のよくある詐欺/カスペルスキー

Office 2010 向け更新プログラムの提供がやっと終了?

昨年の10月14日に、サポート期限が終了。にもかかわらず、その後も延々と更新プログラムが来ていた Microsoft Office 2010。

このブログの中でも何度かにわたってご紹介してまいりました。

4月の、KB3017810などを最後に、ついに5月からは、Office 2010 向けの更新プログラムは出てこなくなりました。

ひと月か?、せいぜいふた月。さらには、そのセキュリティの重大性によっては、引き続き提供されているケースもこれまでにはあったんですが、振り返ってみると、半年にわたって提供されていたことになります。

Web上でもサポートが終了していることはアナウンスしていたので、どうして提供されていたのか? はわかりませんが、ついに完全終了を迎えたことになります。
Office 2010 をご利用の皆さんは、今後は、Office 2019やこの秋に出るであろう、Office 2021、あるいは、Microsoft 365 Personal などへの乗り換えを検討すべき時期がとうとうやってきたというわけです。

2025年には、Office 2019 のサポートも終了するし、Office 2021 がこの秋にも出そうなムードもある。微妙な時期ではありますが、常に最新の機能が使用できる Microsoft 365 ならサポート期限を気にする必要もないので、この際、Microsoft 365 に乗り換えてしまうというのも一案かもしれませんね。

<参照>

Windows インストーラー (MSI) を使用しているバージョンの Office の最新の更新プログラム

同じ製品、同じバージョンでも発生する機能の違い Part 1

Microsoft 365 などの Office 製品や、Microsoft Edge などのアプリをいろいろ使ってみると、あれ?と思うことがちょくちょくあります。
今回は、その “あれ?” の中で、同じ製品、同じバージョンでも発生しうる機能の違いについて取り上げてみました。

今回ご紹介するものは現時点で確認できているもので、こうしたものはおそらく確認していくといろいろ出てきそうな?雰囲気なので、随時取り上げてみたいと思います。

【機能の違いは不具合なのか?】

当然製品が異なったり、利用条件が異なれば、その機能が異なることはありうることです。通常、機能の違いが発生するケースとして以下の様なものが考えられます。

  1. 製品自体が異なる
    (例、Office 2016/2019と Microsoft 365など)
  2. 製品のバージョンが異なる
  3. 法人向けか? 一般向けか?
  4. 新しく追加された機能
1. 製品自体が異なる:

例えば、Office 2016/2019 と Microsoft 365 Personal を比べれば当然機能に違いは出てきます。Office 2016/2019 の様に買い切り版と呼ばれている製品は、製品が発売された後は、新機能は追加されません。
これに対して、Microsoft 365 Personal のようなサブスクリプション版は、随時新しい機能が追加されて、常に最新の状態を維持する形になります。
さらに、Office 製品には、ストアアプリといって、Microsoft Store 版という特殊なものもあります。見た目は一緒でもインストール方法が違うことでも、違いが出てきます。

2. 製品のバージョンが異なる:

製品が同じでも、やはりバージョンが異なれば、その機能に違いが発生することはあります。バージョンアップ前と後では、追加された機能、削除された機能など違いが出てきます。

3.法人向けか? 一般向けか?:

Microsoft 365の様に、法人向けに提供されている Microsoft 365 Apps for enterpriese と 一般向けに提供されている Microsoft 365 Personal では、利用できる機能にやはり違いが出てきます。
例えば、IRM(Information Rights Management)を利用した文書の保護機能は、法人向けの機能で、一般ユーザー向けの、Microsoft 365 Personal では利用できません。

4.新しく追加された機能:

新しくロールアウトされる機能は、当然バージョンいくつ以上?という条件がつきますが、その条件に加えて、開発側では、新しく公開される新機能のロールアウトを段階的にユーザーに展開していくことがあります。
これは、”制限されたロールアウト” と言われ、いっきにすべてのユーザーに展開するんではなく、利用できるユーザーを段階的に増やしていって、その製品の状況を確認しながら、新機能を利用できるユーザーを増やしていくという手法で展開することがあるためです。
新しい機能が Microsoft のブログなどで紹介されているとしても、バージョンの条件は満たしているのに機能が展開されていない… そんな場合には、ユーザーは自分のPCで利用できるようになるまで待つしかありません。

こうしたことで発生する機能の違いは、プログラムの不具合とか、Update が失敗してそうなったというようなものではありません。
もちろん、Update が何らかの事情でうまくいかずに一部の機能が使えなくなってしまうこともありうることですが、ご利用の製品の様々な条件によっても異なるので、闇雲に再インストールや修復をすれば改善するものでもありません。

なので、あれ?っと思った時には、先ずはしっかり確認しましょう。
次の際にはいくつか? 現在確認しているいくつかの事例をご紹介いたします。

<参照>

アクセス許可が制限されているファイルを開く
2つの Office ~新機能が追加される Office と 新機能が追加されない Office
“制限されたロールアウト” とは?
Microsoft 365 と Office 2019 の違いは何ですか
Microsoft 365 の新機能
Office 2019/Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて
Microsoft 365 ドキュメント/Docs

Microsoft Office のアカウント情報を盗もうとするフィッシングメール

Amazon、Rakutenなどの大手サイトやクレジットカード会社を騙るフィッシングメールは後を絶ちませんが、今回、大手セキュリティソフトベンダーでもあるカスペルスキーのレーポートによれば、Microsoft Office のアカウントへのサインインを求めるフィッシングメールが横行しつつあるようです。

レポートによれば、Microsoft Office のログインページに似せた Web サイトに誘導してログインさせて情報を搾取しようとするもののようです。

以前からあったようですが、その手口は年々進化してきているとのこと。くれぐれもご注意ください。

<参照>

Microsoft Officeを利用したフィッシングの手口

Garage Project から新たな アプリ “Group Transcribe” の登場!

数々の製品を送り出してきた Microsoft Garage Project。今回新たに、リアルタイムに文字おこしや翻訳までこなしてくれるスマホ向けアプリ “Group Transcribe” の提供が開始されました。

リアルタイムに文字おこしをしてくれて、さらに翻訳にも対応。ビジネスシーンだけではなく、聴覚の障害を持っている人、難聴でお困りの人にも役立つアプリとして期待されています。

まずは以下の YouTube で公開されている動画をご覧ください。

** YouTubeの動画データは、設定>字幕 として字幕を表示させ、さらに自動翻訳で日本語を選択すれば日本語の字幕表示でご覧いただけます。

— 利用環境:

  • iOS 12.0 以上
  • 80以上のロケールに対応

もちろん、日本語にも対応しています。私は、iPhoneを使っていないので試しようはないんですが、もしご利用環境が整っていらっしゃって、試してみよう…という方は是非試してみてください。

もちろん無料でご利用いただけます。

“Microsoft Garage Project” では、これまでにもすでに Office に搭載されている Dictate といったようなものもあります。

今後も楽しみなサイトでもありますね。

<参照>

Group Transcribe/App Store プレビュー
Group Transcribe
New Garage project Group Transcribe helps you transcribe and translate while advancing inclusive speech AI
The Garage is a program that drives a culture of innovation

Office 2010 のその後

何度かこのブログの中でもご紹介していますが、Office 2010 についての Update についてまた取り上げてみました。

いつまでやってくる? Office 2010 の更新プログラム

3月にも取り上げましたが、本日 Windows Update の日ということで、昨年10月にサポートが終了したにもかかわらず相変わらず更新プログラムが配信されてくる Office 2010。

Office 2010 の場合には、MSI版とC2R版の2種類がありますが、大半の一般ユーザーが利用していたであろうものは、MSI版になります。上記のWebサイトにもあるように、2020年10月13日にサポートが終了しています。

— 4月にも更新プログラムが到着:

そして本日 Update の日。興味津々で更新プログラムのチェック…

案の定到着しております。サポートが終了した2020年10月からするとすでに半年。サポートが終了して1-2回は、最後の更新プログラムに問題があったということで更新プログラムが配信されてきた例はありましたが、サポートが終了しているのにここまで毎月の様に更新プログラムが到着するのは初めてです。

一応今回配信されているものの一例ですが、
Description of the security update for Excel 2010: April 13, 2021 (KB3017810)
といったもの。セキュリティの脆弱性対策ということではありますが….

さていつまで続くのか? 引き続き経過を観察していきたいと思います。

<参照>

Windows インストーラー (MSI) を使用しているバージョンの Office の最新の更新プログラム

Office を活用し、楽しみ、そしてその新しい機能を習得する

前回、Microsoft 365 の新しいラインナップをご紹介いたしましたが、今回は改めて、Microsoft Office を活用し、楽しみ、そして、その新しい機能を習得するのに役立つ “楽しもう Office” のサイトをご紹介いたします。

  • Word や Excel、PowerPoint が入っているの何となく活用しきれていない…
  • Word や Excel の使い方が、本を見ても今一つ理解できない
  • 家計簿をつけてみたいけど、どうやって作ったらいいのかわからない
  • アルバイトや、就職活動に履歴書や職務経歴書を作らないといけないけど作り方側からわからない などなど

お悩みは千差万別…. そんなお悩みに答えてくれるのがまさに “楽しもう Office” というサイトになります。

Officeの新機能Office製品ラインナップはじめようOffice、そして Office テンプレートといった内容で構成されていて、Office 製品を楽しく活用してもらうためのサイトです。

– ”楽しもう高校生活!テンプレート”:
現在春を迎えて、高校生に向けて楽しいテンプレートが公開されています。もちろん高校生だけではなく大学生編もあります。

もちろんそれ以外にも、小学生向け、一般向け、教員向けなど、様々なテンプレートが用意されていますので、これらの豊富なテンプレート、ぜひご活用ください。

楽しもう Office キッズ
は、小学生以下のお子様向けのコンテンツとなっています。

–今さら聞けないこと、動画で勉強したい方向けのコンテンツも:

使い方を確認したい、具体的な操作方法を確認したい….
そんな方には、”今さら聞けない Office のキホン” 。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そして、Outlookの各製品の基本的な使い方が動画などで確認することができます。最新のXLOOKUP関数についても動画で学習することが可能です。

楽しもう Office” 是非ご活用ください。

<参照>

楽しもう Office