あなたの Windows 10 は大丈夫ですか?

Windows 7 は来年にもなるとサポートが終了いたします。Windows 8.1 の場合には、2023年。このブログでも、Office製品のサポート期限についてはちょくちょく取り上げていますが、Office 製品に限らず、OS でも当然ながらサポート期限が設定されています。

“OS にはサポート期限があります!” より

まさか?と思われる人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、Windows 10 にもサポート終了の製品があります

うちのPCは、Windows 10 になっているから大丈夫

と思ってませんか?

通常、Update は自動的に行われていきますが、何らかの事情で Update ができないままで使用していたりすると、サポート期限切れ…. そんな可能性もあります。

【Windows 10 と サポート期限】

Windows ライフサイクルのファクト シート” をご覧いただくとお分かりいただけるように、Windows 10 は、2015年7月29日に提供が開始された Ver.1507 から、最新の 2018年11月に提供が開始された Ver.1809 に至るまでバージョンが順次上がってきています。

“Windows ライフサイクルのファクト シート” より

Windows ライフサイクルのファクト シート” の中で、初期の Ver.1507 から、Ver.1703 までは、サポートが終了していることがお分かりいただけるかと思います。

サポートが切れるとどうなるのか?

これについては、”OS にはサポート期限があります!” にて、Windows7やWindows8.1のケースと一緒です。

【バージョン情報の確認】

さて話が前後しますが、では自分で使用している Windows 10 のバージョンっていくつなんでしょぅ?

— バージョン情報を調べる:

1) Windowsキー + “R” とクリックして、”ファイル名を指定して実行” のダイアログを表示させます
2) “名前” のところに、”winver” と入力し、OKをクリックします
3) すると現在ご使用の、Winodws 10 のバージョン情報が表示されます

【最新の状態に Update する】

さて、バージョンを確認したら、バージョンが古いということが分かったとしたら、まずは最新状態まで更新する必要があります。
そこで登場するのが、Windows Update になります。

スタートボタン>設定>更新とセキュリティ
と開いて行います。”更新プログラムのチェック” をクリックすると更新プログラムの確認が始まります。検出されれば、自動でインストールが開始されます。

Update が検出されインストールの準備ができると以下のような形で、再起動待ちの状態になったりします。更新に失敗しているような場合には、更新履歴も確認してみてください。

バージョンが古いというケースの多くの場合には、何らかの事情で Update に失敗して更新ができていないケースが多いと思いますので、通常の Update を実行したからと言って、正常に更新が完了しないことの方が多いかもしれません。

そんな場合には、以下のようなトラブルシューティングサイトなども参考にしてみてください。

Windows Update トラブルシューティング ツール
Windows 10 – Windows Update に失敗する場合の対処法

一度に最新状態まで Upgrade するというような場合には、Windows 10 更新アシスタントを利用して更新するという方法もあります。


Windows 10 のダウンロード

いずれにしても、Windows 10 だから大丈夫?というわけではありませんので、ご使用のバージョンはしっかり管理しておいたほうがいいですね。


<参照>
OS にはサポート期限があります!
Windows 10 および Windows Server 2019 の更新履歴
Windows ライフサイクルのファクト シート
Windows 10 – Windows Update に失敗する場合の対処法

広告

Microsoft のブログ一覧

ブログの記事の中でもちょくちょくご紹介することが多い Microsoft のブログ。従来であれば、TechNet のサイトにわかりやすく一覧があったんですが、情報が、Docs や TechnetCommunity のブログなどに移行しているのに伴って、TechNet にあったブログ一覧がなくなってしまいました。

ということで、このブログの中で一覧を整理してみました。

上記のような形で、ブログのトップページのところから、”Microsoft のブログ一覧” をクリックすると表示されますので、是非参考にしてみてください。

内容は気が付いた折には、随時追加・更新をしていく予定です。

Norton ConnectSafeのサービスが終了、さて次はどうする?

Norton ConnectSafe は、セキュリティベンダーであるシマンテック社が提供する無料で利用できるDNSサービスでした。
その設定により、DNSを介して悪質なサイトのブロックなどができて非常に便利なものだったわけですが、ご覧いただければお分かりいただけると思いますが、残念ながら、昨年の2018年11月15日をもって、サービスが終了いたしました。

何度か以前にもご紹介していますが、インターネットを利用していると突然不正なサイトにリダイレクトされたりすることが多い昨今。
通常のセキュリティソフトだけでは防ぎきれないような、こうした不正なサイトへのアクセスを防ぐ意味においてもこうしたセキュリティは必要なわけですが、さて Norton ConnectSafe がなくなったとすると次はどうしたらいいのか?
ちょっとそんな、セキュアな無料のDNSサービスについて確認してみました。

【無料で利用可能なDNS】

無料で利用可能なDNSというと、Google の Public DNS なんていうものがパッと思いつく方も多いのかもしれません。

これを設定すると、ブラウジングが早くなる….. そんなことで設定されている方も多いかと思います。
こうして閲覧速度の改善に役立つような無料のDNSサービスがある一方で、Norton ConnectSafe の様に、セキュリティの機能をもって、不正なサイトなどへのアクセスを制限してくれるような、無料のDNSサービスもいくつかあります。
恐らく、探せばもっといっぱい出てくるのかもしれませんが、いくつかご紹介すると以下のようなものがあります。

1) Neustar UltraRecursive:
2) Quad9:
3) OpenDNS:

これ以外にも、 Comodo Secure DNS、AdGuard DNS、DNS Advantage など 調べてみるといろいろ出てきます。
OpenDNSの様に登録が必要なところもありますが、Quad9などのように、単にPCやルーターに設定するだけで利用できるものなどもあり、その使い方もいろいろです。

【Quad9の導入】

今回は試しに、Quad9 の設定方法について取り上げてみました。

Quad9は、上記画像でもお分かりの様に、IBMなどが参画してサービスが提供されている無料のDNSサービスです。PC、あるいはルーターに設定することで不正サイトへの接続をブロックしてくれるというものですが、その設定もさほど難しくありません。

— Windows 10 のPCに、DNSを設定する

Windows 10 の例でご紹介します。

1) Windowsキー + ”R” として、”ファイル名を指定して実行” のダイアログを表示させ、”ncpa.cpl” と入力し、OKをクリックします

2) ネットワーク接続のダイアログが表示されたら、ご利用のネットワークアダプタの上で右クリックして、”プロパティ” を開きます。

3) 今回は、ローカルエリア接続のプロパティを開いて設定していますが、PCによっては、これが、”イーサーネット”であったり、”Wi-Fi” であったり、”ワイヤレスネットワーク接続” であったりします。プロパティを開いたら、”インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)” をクリックして選択し、”プロパティ” をクリックして開きます

4) ”インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ” の画面がでたら、”次のDNSサーバーのアドレスを使う” を選択し、優先DNSサーバーに ”9.9.9.9” と入力し、OKで閉じます。

これで設定が完了です。Quad9でも、さらに、代替DNSサーバー(
149.112.112.112 )や、IPv6(2620:fe::fe)のなど設定にも対応しています。
その他の設定などについては、Quad9のFAQなどをご参照ください。

ということで、今回、Norton ConnectSafe に変わって、Quad9 を導入してみたわけですが、機会があれば、より細かい設定が可能な、OpenDNSなども試してみたいな?と考えています。

さてこれで、例のやつはブロックできるのだろうか? ちょっといろいろ確認して、再度レポートさせていただきます。

<参照>

Norton ConnectSafe の廃止のお知らせ
Recursive DNS
Quad9 DNS
IBM、消費者と企業のプライバシー&セキュリティーを向上させる無料のDNSサービスを開始。その名は「Quad9」
OpenDNS Home

“はがき印刷” が使用できない【Word2016】

パソコンのツボ本館では以前に取り上げましたが、シーズン突入とともに、この “はがき印刷” がグレーに反転して利用できないというお話が、そこ、ここで聞くようになったので再度別館で取り上げさせていただきました。

— “はがき印刷” とは?

Word のアドインとして提供されていた機能で、Excel 等で作成された住所録ファイルからデータを差し込み印刷を利用して宛名印刷するための機能です。

宛名面は当然ながら、文面の作成機能もあります。

インターネットなどで検索すると、WordとExcelを利用して宛名印刷するような方法を取り上げているサイトがいろいろ出てくるかと思います。

— なぜ利用できないのか?

従来であれば、アドオンが “無効” になっていたり、”使用できないアイテム” になっていたりすることなどが要因でした。
なので、Word2010 や Word 2013、クイック実行版やMSI版の Word2016 等では基本的にそうした対処法が必要になります。

Windows 10 Fal Creators Update 搭載のPC以降のPCで、プレインストールで搭載されている Office の場合には、ちょっと事情が異なります。今年になってからは新しいPCに搭載されているプレインストール版のOffice製品はすべてストアアプリ版が搭載されています。

ストアアプリ版 Word 2016の画面
はがき印刷が、グレーに反転して利用できません

このストアアプリ版の場合、従来のデスクトップ版(C2R版)と異なり様々な制限がある関係上、はがき印刷の機能が利用できません。

— 対処法は?

ではどうしたらいいのか?

現状では、ストアアプリ版の Office の仕様により はがき作成の機能は利用できませんので、ストアアプリ版の Office を削除して、デスクトップ版(C2R版)をインストールする必要があります。

インストールに当たっては、一番最初に Office 使用時に紐づけした、Microsoft アカウントにて、サインインして、サービストサブスクリプションの画面から行います。

今年になってから、PCにプレインストールされている Office 製品は、これまでの Office Premium シリーズから、Office Home & Business 2016 (買い切り版)のさらにストアアプリ版になっています。

既定では、ストアアプリ版がセットされている形になっていますので、今回ご紹介したような ストアアプリ版ではうまく動作しないような機能を利用するためには、一度、ストアアプリ版を削除して、デスクトップ版(C2R版)を再インストールしなおす必要があります。

ストアアプリ版の Office を削除して、デスクトップ版(C2R版)をインストールする件については、パソコンのツボ本館の方で具体的にご紹介していますので、そちらの記事をご参照ください。

ストアアプリ版Office の削除と、C2R版のインストール

Webサイトをご覧になって、Excelで作成した住所録データを利用して、いざWordを開いてみたら、”はがき印刷” が使用できない…
今後改善すればいいのですが、現状では今回ご紹介した対処法しかありませんので、どうしてもWordとExcelでやりたい…という場合には、アプリの入れ直しをお試しください

WordとExcelで、年賀状を作成したい…. そんな方は是非一度以下の

はがき宛名印刷 完全ガイド/Be COOL Users

のサイトをご覧になってみてください。Microsoft Word の MVP の方が運営されているサイトで、画像入りで非常にわかりやすく紹介されております。

また、WordやExcelにこだわらないというのであれば、郵便局が無償で配布している “はがきデザインキット2019” というアプリを利用する方法もあります。

こちらは、インストール版、Web版、スマホ版と用意されていて、PCにインストールしなくても利用できますし、Windows、Macどちらでもご利用は可能です。

はがきデザインキット 2019/パソコンのツボ
はがきデザインキット 2019

年賀状の作成だけではなく、季節の挨拶状、住所録の管理、年賀素材などが利用できます。”コンビニはがきプリント” にも対応しているので、スマホで作成して、コンビニで印刷する…そんな使い方も可能です。PCがなくても、OKってことですね。

現在別のソフトで作成している年賀状にワンポイント、オリジナルのハンコを作成して入れるもよし、干支の似顔絵柵瀬ツールを利用して似顔絵を添えるもよし…

使い方はいろいろありますので、一度ご覧になって、オリジナリティあふれる年賀状にしてみてはいかがでしょうか?


<参照>

はがき宛名印刷ウィザードが利用できない/パソコンのツボ
ストアアプリ版Office の削除と、C2R版のインストール/パソコンのツボ
はがき宛名印刷 完全ガイド/Be COOL Users
ストアアプリ版の Office について(まとめ)/パソコンのツボ別館
はがきデザインキット 2019/パソコンのツボ








Office 365 Solo のキャッシュバックキャンペーンがスタート!

本日、12月5日(水)より、Office 365 Solo (1年版) を購入された方を対象に、3,000円のキャッシュバックキャンペーンがスタートしました。

現在、Office 365 Soloは、自身が使うものであれば、インストール台数:無制限 同時使用可能な台数:5台までと以前に比べ非常に規制が緩くなって、複数台数のPCをお持ちの方にとっても非常に便利なものです。

今回のキャンペーンの詳細は以下の通りです。

— キャンペーン詳細 —

  • 購入期間:2018年12月5日(水) ~ 12月25日(火)
  • 応募締切:2019年1月31日(木)
  • 応募方法:キャンペーンサイトから応募用紙(PDF)をダウンロードし、購入証明になる書類(レシートや、購入明細のコピーなど)を添付して、郵送にて応募

キャンペーンサイトなどご確認の上、現在購入を検討されている方は、是非このお得な機会に….
1つにき 3,000円 のキャッシュバックは大きいですからね。さて、自分も2年先の分ぐらいまでは、購入しておかないと…

<参照>
Office 365 Solo を始めよう
Office 365 Solo キャッシュバック キャンペーン
Office 365 Solo のキャッシュバックキャンペーンがスタート!

“あなたは、Windowsドライバを更新していません” という “サイトからのメッセージ” が表示される

ここ最近非常に多いです。
特に今日で終わりますがこの連休前ぐらいからは…

さらにここ最近のは、より危機感をあおるように音が鳴るケースも多いようです。全く迷惑な話ですね。

これまでにも、パソコンのツボ本館や、こちらの別館でも何度か取り上げていますが、こうした画面が表示された場合には、

1) タスクマネージャーを起動して、一旦ブラウザを終了する
2) キャッシュを削除する

といった手順で対処します。

通常、タスクマネージャーは、タスクバーで右クリックすると、”タスクマネージャー” あるいは、Windows 7 などの場合には、”タスクマネージャーの起動” というメニューが表示されますのでクリックすれば、起動できます。

音が出る場合には、慌てずに、音量をミュートにしてしまいましょう。

一昔前なら、フリーのゲームサイトやら、動画サイト、あるいはアダルトサイトなどといったところで多かったものの、最近では、一般のサイトをご覧になっていても表示されることが多々あります。

Windowsでも、Macでも、さらにはスマートフォンでも表示されることがあります。

先日は、都内のある大学のホームページを見ていたら表示された…. なんてケースもありました。いつ我が身に起こるか?わかりませんので、決して他人事ではありませんので、くれぐれもご注意ください。

 

 

Office の起動の画面がやっと一新

すでに Office Insider として使用しているものについては、かなり前から起動時の画面が新しいUIに変更されておりました。UIが新しくなることに関しては、パソコンのツボ本館などでもたびたび取り上げさせていただいておりましたが、これはあくまでも、Office Insider 版でのことでした。

リボンのデザインが変更?– Windows 版 Office Insider/パソコンのツボ本館

月次チャンネルで使用している通常版の方については、その後、起動後のUIは一新されても、なかなか起動直後のテンプレートの選択画面のところが新しいUIになっておりませんでした。

現在の、Ver.1810(ビルド 11001.20108) になっても変わっていなかったものの、MSコミュニティや、その他ネット上の情報や、お客様のPCをサポートしていたりすると、結構な割合で UI がすべて新しくなっている方も多くて、どんなタイミングで一新されるものなのか?が今一つ理解できませんでした。しかし、今日になって特別 Update があったわけでもありませんが、起動直後のテンプレート選択画面が一新されておりました。

起動後のシンプルリボンについては、すでに Word や Excel などの画面はシンプルリボンに変わってますので、やっとこれで、UIが一新されたわけですね。

ところで、やはり、パソコンのツボ本館の方でも取り上げましたが、Outlookについては、さらにシンプル化が進んでおります。

Microsoft Outlook の UI も間もなく新しく…/パソコンのツボ本館

リボンだけではなく、上記の左の画像にあるようにコマンドもさらにシンプル化。まさに、Word Mobile や Excel Mobile などの Office Mobile のようなシンプルなデザインに変わっています。
Outlook の場合、まだ近日公開ということで、オン/オフを切り替えることで、旧来の表示と、シンプル表示と選択が可能になっています。

今後、UIがどうなっていくか? ちょっと注目したいですね。