カテゴリー別アーカイブ: Office

デザインの基本になる「フォント」 Part 1

  • Word で文書を作成する
  • PowerPoint でインパクトのあるスライドを作成する
  • Publisher でチラシやPOPを作成する

日頃、何気なく使っているPCですが、Word や PowerPoint で文書を作成したり、資料を作成したりする中で、一番身近なデザイン・アイテムって “フォント” ですよね?

もちろん全体の構成やら、画像や図形などのオブジェクト、そしてそれをどう配置するか?といったセンスも大事ですが、そのすべての基本になるのがそこの並べられた文章であり、そしてそれを構成する “フォント” です。

今回はこのフォントについて取り上げてみました。

【フォントって、いくつぐらいインストールされていますか?】

現在ご使用のPCにインストールされているフォントっていくつぐらいありますか? フォントって、Windows や Mac などの OS(Operating System:オペレーティングシステム)最初からついているもののの他、Microsoft Office であったりすると、Office 製品についているフォントもあったりしますし、年賀状作成ソフトなどにも、様々な毛筆体などがついてきたりしてますので、PCを購入して使いだしている段階でもそれなりにフォントはPCにインストールされていたりするものです。

スタート>個人設定>フォント
あるいは
エクスプローラ―を起動し、
Cドライブ>Windows>Fonts
と開くと、そのPCにインストール済みのフォントを確認することができます。

PCを買い替えたら、あのフォントがこのPCには入っていなかった…何ていう経験をされた方も多いことでしょう。フォントも立派なソフトの一つで、著作権もあるし、ソフトウェアとしてパッケージでも販売されていたりもします。
もちろんインターネット上でも検索すると、無料で利用できるフォントから、有償のものまでさまざま。無料のものであっても、その利用規約によっては、商用利用可能なものから個人利用に限定されているものまで様々です。

ですから無料で配布されているフォントだからと言ってどんな使い方をしてもいいというわけではありません。インターネットなどで検索してダウンロードされる方は、くれぐれもご注意ください。

【Google の提供しているフリーフォント】

さて今回ご紹介しようと思っていたのは、こうしたフォントの中で、Google が提供する「Google Fonts」。Google さんは、フォントまで無償で提供しているんですね。

Google Fonts

上記にアクセスしていただければお分かりいただけると思いますが、”Language” のところを、”Japanese” にするだけで、日本語用のフォントが、50書体以上あることがわかりますね。もちろん、日本語以外のフォントはもっと多数あります。日本語の場合、漢字に、ひらがな、カタカナ、数字に、アルファベットと必要な文字数はかなりの数に上りますので中々無料で提供されているフォントは少ないですし、有償のものでも利用可能な感じというのも教育漢字や、第一水準、第二水準などある程度利用できる漢字の数には制限があったりもします。
漢字については取り上げたらきりがなく、以前は私も利用したことがありますが、”今昔文字鏡” といったツールがあって、これに至っては、10万字以上の漢字を扱っていたりしてました。興味のある方は、一度 “今昔文字鏡” で検索してみてください。

さてそんな文字数の多い日本語フォントなので、Google Fonts で提供されているフォントも日本語はさほど多くはないものの、それでも50書体もあるのですから有効に活用したいですよね?

Part 2 では、この Google Fonts についてご紹介していきます。

<参照>

Google Fonts
Windows 10 によってインストールされるフォント/Adobe

Microsoft 365 の新しいUIに関するブログ

ちょうど11月中旬に、Microsoft 365 の各アプリのUIが一新しました。パソコンのツボ本館の方でも何度か以下のようにご紹介させていただきました。

Microsoft 365 などに新しいUIの適用がスタート!
新しい UI の適用と、カスタマイズ

Microsoft 365 ユーザーには、”近日公開の機能” として、最新チャンネルへの配信がスタートしてたわけですが、突然UIがわかった時には、Microsoft コミュニティでもいろいろ質問も上がってましたが、さすがにここにきて、落ち着いてきました。
但し先日公開された TechCommunity ブログの中では、”Earlier this month we made the visual update available automatically for 50% of subscription users running Current Channel builds, and Microsoft Office Home & Student 2021, Microsoft Office Home & Business 2021, Microsoft Office Professional 2021, and Microsoft Office Personal 2021 users. Based on the feedback we have received from users so far, we wanted to share information to help you navigate the visual update.” とあるので、実際に提供されているのは、サブスクライバーだったとしてもまだ半分なんですね。ブログでは、Office 2021 を中心に紹介されていますが、実のところ、Excel 2016 や Excel 2019 などにも適用されているケースもあったりするようなので、どこまでこの新しいUIが適用されるものなのか?は今後気にしていきたいと思っています。

さてそんな新しいUIですが、本館のブログの中でもいくつかはご紹介していますが、今回のUIの変更に関する Microsoft ブログや、UIに関する考え方などをつづった Webページなどを整理してみました。

Behind the Design: Refreshing the Office Apps for Windows 11
Visual update in Office for Windows now available!/TechCommunity Blog
Visual refresh of Office apps for Windows/Office Insider Blogs
Visual update in Office for Windows now available in Current Channel (Preview)/Office Insider Blogs
Change the look and feel of Office
Fluent Design System

こうしてみていくと、公開にあたるまでに何度も何度もブログにて情報が上がっていたんですね。

Microsoft 365 Personal が2割引きとお得!

今週末は Black Friday と称していろんなネットなどの通販サイトでセールをやっています。

ぼちぼち自分が使用している Microsoft 365 Personal も更新しておいた方がいいのかな?それとも、例年行われている3000円キャッシュバックキャンペーンってやるんだろうか?と思いつつ Amazon を覗いていたら…

なんと、11,565円 と普段よりお安め。これも Black Friday だからかな?と思いつつよくよくみると、なんと “注文時に20%割引” 何てあります…
これなら、3000円キャッシュバックに匹敵するぐらいお得なんだろうな?とも思いつつ、注文時になってみないとは、ちょっと心配でした。

— そして注文を決行:

恐る恐る注文… あぁ~、やっぱりキャッシュバックキャンペーンを期待したほうがよかったのかな?なんて思いつつでした。

そして、えいゃぁ~….と。もう人柱になった気分で。

無事購入が完了して、請求額を見て一安心….まぁ、こんなキャンペーンやってたりすると案外今年は、これを逃すと定額で買わないといけないのかな?と思ってのことでしたので、この金額を見て、胸をなでおろしました…. 金額的にはほぼキャッシュバックキャンペーンと同じになりますね。今年は、6月にキャッシュバックキャンペーンをやってたので、このあとやるんでしょうかね?

コンシューマー向けの Office の単体製品値上げへ

ちょうど本日、Office の単体製品の値上げの話をパソコンのツボ本館の方で取り上げたわけですが、こうした状況だと、もはや単体や永続版の統合パッケージって割高に感じられますね…

<参照>

コンシューマー向けの Office の単体製品値上げへ

Office アプリのフィードバック先

Windows 10 などには、フィードバックHUBがあったりするので、そこを通じて、日本語で、Windows 10 の不具合や、機能に対する要望をフィードバックすることが可能です。
ただしこのフィードバックHUBを利用してフィードバックするものは、Windows の機能に限定されています。

同じ Microsoft 製品であっても、Office 製品や、Microsoft Edge といったブラウザなどはまたフィードバック方法が異なってきます。

さて今回、Microsoft 365 向けに新たなフィードバック先が追加されたりしていますので、改めて、Microsoft 365 の Office 製品についてのフィードバック先について確認してみました。

【基本的なフィードバック】

基本的には、各アプリから行います。以下は、PowerPoint(Microsoft 365 Personal)の例です。

PowerPoint を起動して、ファイルメニューから、フィードバックをクリックする。
あるいは、ヘルプメニューから、フィードバックに入ります。

【その他のフィードバック方法】

それ以外にも、Tech Community などフィードバック先が用意されています。従来では、uservocie.com なんてところもあったんですが、uservoice.com でのフィードバック受付は終了して、別途 Microsoft 365 向けのフィードバックサイトが用意されています。

もともとランゲージボードは、文字通り各アプリの日本語訳などに間するフィードバック再度としてスタートしていますが、現在は機能的な要望なども多々上がっており、フィードバック先としても活用されているようです。日本語のままフィードバックできるので、気軽にフィードバックできるところです。

Welcome to Feedback (Preview)” のサイトについては、つい先日からオープンしたサイトで、タイトルに “Preview” とあるように、まだ Preview版 です。
ですが、すでに各アプリ毎にかなりにフィードバックが上がっています。但しこちらについては英語でのフィードバックになります。

【2021/11/26更新】

Feedback Portal サイトについては、Office Insider Blog においても、先日以下の様に情報が公開されております。

Introducing the preview of Feedback for Microsoft 365

フィードバックポータルサイトもぜひご活用ください。

<参照>

Welcome to Feedback (Preview)
ランゲージボード/TechCommunity
Introducing the preview of Feedback for Microsoft 365

もっと手軽にオートSUM

オートSUMといえば、Excel ではすっかりおなじみの関数ですね。

超初心者でも、Excelを習い始めて最初にならう関数がこれなのではないでしょうか? Excel を初めて手にして、オートSUMで合計を計算したり、オートフィルなんかで計算式をコピーしたりして、初めて見ると、”おぉ~” って感動したものです。

さてそんな、オートSUM ですが、上記の画像にあるように設定する際、いくつかの方法があります。

ツールバーの、オートSUMボタンを押したり、数式バーの fx ボタンを押して、関数の挿入画面を出したり…. オートSUMぐらいなら、慣れてくればそのまま手入力でも全然問題ないわけです。

【ショートカットキーでの操作】

そんな時に先日、Surface チームの公式ツイッターで以下のようなツィートが…

なんと、『 Altキー + Shiftキー + ”=” 』の3つのキーを押すだけでもできるんですね。
こんなショートカットがあったなんて目からウロコでした。今更ながら、”おぉ~” って、新鮮な感動を味わいました。
機会がありましたら是非お試しください。

<参照>

「オート SUM 」関数を打ち込む必要ナシ/Surface Japan

不正な製品にご用心!

今に始まったわけではないのですが、Windows や Office などの Microsoft の不正な製品が、オークションなどで数多く取引されています。

あくまでもざっと見る限りでは、以前であれば、アマゾンのマーケットプレイスや、楽天市場などのフリマ、ヤフーオークションなどのオークションサイトでかなりの数が見られましたが、アマゾンついては、以前に比べるとかなり減っているようでぱっと見た感じでは、怪しい製品を出品しているケースは見当たりませんでした。

これに対して、楽天のフリマやヤフーオークション。なんか?すべてがこっちに集まったんじゃないか?というぐらいに集中しております。
上記の画像はその一部ですが、すべて不正な製品です。

【 不正な製品とは? 】

不正な製品とは、いくつか条件があります。もちろん製品を購入しても、結局使用しないからオークションなどの出品しているというケースもあるでしょう。そうした場合には、不正な製品ではありません。私も購入したものの、結局未開封のままユーザー登録さえしていない製品がいくつかあったりします。まぁ使う予定もないのでオークションなどで処分してもいいんですが、それも面倒なので記念にとってあります。

ではその見分け方をご紹介します。

代表的なものは、Microsoft の “非正規品の Office にご注意ください” の中の “非正規品の見分け方” にもあります。

少し具体例も含めてご紹介します。

1) プレインストール版の Office 製品

富士通や、NECなどといったメーカー製のPCには、PCと一緒に Office 製品がセットで販売されているケースが多々あります。
こうして、PCと一緒に販売されている製品のことを、”プレインストール版” といいます。
こうした製品は、その利用規約上 PCと分離して販売することはできません。仮に不要であっても、Office 製品のみ転売することはできません。
PCが故障して、PCを買い替えた場合、以前のPCで使用していた プレインストール版の Office 製品を新しく購入したPCにインストールして利用することもライセンス違反になります。
ですのでこうしたプレインストール版の場合は、仮に未使用と表示されていても単独で販売すること自体出来ないものなので、不正に販売されている製品になります。

PCと一緒であれば、プレインストール版の Office 製品は譲渡は可能ですが、譲渡するにあたっては所定の手続きを取って譲渡する必要があります。

2) 法人向け製品のばら売り

Office Home & Business 2019、Microsoft 365 Personal などのコンシューマー向け製品に対して、Office 365 ProPlus、Office 2019 Standard などのような法人向け製品があります。
法人向け製品は、ご契約いただいた企業がその企業の管理下において利用することを前提にライセンス提供されているものです。なので、こうした製品を一般向けに提供することはできません。
法人向けのMicrosoft 365 (サブスクリプション版)の場合には、Microsoft 365 Apps for enterprise と表示されます。

3) 国内で販売されていない製品

アメリカなどでは、Microsoft 365 Home といった家庭向けの Office 製品もあったりします。ただしこちらの製品は国内では販売されておりません。このように国内で販売されていないような製品は、国内ではライセンス認証をすることができません。

【巧妙化する手口】

こうした不正な製品を売る側も、どうにか一度はライセンス認証を通そうと、その手口も巧妙化しています。

— 以前多かった手口:

・ライセンス認証を代行する
・不正に入手したプロダクトキーを発行する

— 最近増えつつある手口:

法人向けの管理画面に仮のユーザーを作成し、一時的にそのユーザーにソフトの権限を割り振ります。出品者が指定したユーザー名、パスワードを発行。発行されたユーザー名・パスワードでログインさせて、いかにもな感じで、まずはパスワードを購入者自身に変更させてから、ダウンロード&インストールへと案内されます。

** ちなみにこの画面は、Microsoft アカウントのサービスとサブスクリプションのような画面ではなく、法人向け Microsoft 365 の登録ユーザー向けの管理画面でした。

ただし今回確認した例でいうと、このユーザーアカウントからライセンスが数か月後には削除されてしまうようで、数か月後には利用していたユーザーは “ライセンスなし” となり、ライセンス認証を求められるようになってしまいます。再度サインインしようとしてもサインインすらできなかったり、仮にサインインできても割り振られた製品はなく、インストールできる製品はありません。

【仮に一時的に利用できてもすぐに使用できなくなる】

こうして不正に入手された製品は、ほとんど場合、インストール当初は、出品者のサポートもあってインストールして、ライセンス認証なども一時的に通過してしまいますが、その後、ライセンス認証が取り消されたりして、利用できなくなってしまいます。

もちろん出品者によっては、数か月後にはユーザーに割り当てたライセンスを削除してしまうケースもあるようです。ユーザーに割り振るライセンスが削除されてしまうと、当然ながら、インストールされた Office 製品は、利用できなくなります。

Microsoft の Office 製品は、不正使用を回避するため、30日に一回、自動的にライセンス状況がチェックされます。

PCのリカバリなどに伴い、いざ Office を再インストールしようとした段階で、インストールができない… ということで気が付かれる方も多いようです。

安易に、オークションなどに出品したり、購入したりしないようにくれぐれもご注意ください。”知らなかった” というのは言い訳にもなりません。出品する方も、また落札して利用する方も、どちらも立派な犯罪です。

こうした不正な製品は、ヤフオクでも、楽天のフリマでもチェックはしているんでしょうし、不正な製品との報告を受けて対処もされているんでしょうけど、イタチごっこでなかなか減らないのが現実です。
オークションに出しても売れなければ、出す人も減るでしょうから、利用者がおかしな製品には手を出さない…そうした地道な取り組みをしていくことがこうした不正な製品を撲滅する上でのポイントにもなるんでしょう。

<参照>

非正規品の Office にご注意ください(Windows)
非正規品の Office にご注意ください(Office)

Outlook チームが、Teams用の背景を無償提供中!

現在、TechCommunity の Outlook チームのブログでは、Microsoft Teams 用の背景画像を無償で配布しています。

全部で5種類。Office のロゴなどをあしらった Microsoft Teams用の背景画像です。

New Outlook and Office themed backgrounds for Teams meetings

どなたでも無料でダウンロードしてご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

Office 2010 向け更新プログラムの提供がやっと終了?

昨年の10月14日に、サポート期限が終了。にもかかわらず、その後も延々と更新プログラムが来ていた Microsoft Office 2010。

このブログの中でも何度かにわたってご紹介してまいりました。

4月の、KB3017810などを最後に、ついに5月からは、Office 2010 向けの更新プログラムは出てこなくなりました。

ひと月か?、せいぜいふた月。さらには、そのセキュリティの重大性によっては、引き続き提供されているケースもこれまでにはあったんですが、振り返ってみると、半年にわたって提供されていたことになります。

Web上でもサポートが終了していることはアナウンスしていたので、どうして提供されていたのか? はわかりませんが、ついに完全終了を迎えたことになります。
Office 2010 をご利用の皆さんは、今後は、Office 2019やこの秋に出るであろう、Office 2021、あるいは、Microsoft 365 Personal などへの乗り換えを検討すべき時期がとうとうやってきたというわけです。

2025年には、Office 2019 のサポートも終了するし、Office 2021 がこの秋にも出そうなムードもある。微妙な時期ではありますが、常に最新の機能が使用できる Microsoft 365 ならサポート期限を気にする必要もないので、この際、Microsoft 365 に乗り換えてしまうというのも一案かもしれませんね。

<参照>

Windows インストーラー (MSI) を使用しているバージョンの Office の最新の更新プログラム

同じ製品、同じバージョンでも発生する機能の違い Part 1

Microsoft 365 などの Office 製品や、Microsoft Edge などのアプリをいろいろ使ってみると、あれ?と思うことがちょくちょくあります。
今回は、その “あれ?” の中で、同じ製品、同じバージョンでも発生しうる機能の違いについて取り上げてみました。

今回ご紹介するものは現時点で確認できているもので、こうしたものはおそらく確認していくといろいろ出てきそうな?雰囲気なので、随時取り上げてみたいと思います。

【機能の違いは不具合なのか?】

当然製品が異なったり、利用条件が異なれば、その機能が異なることはありうることです。通常、機能の違いが発生するケースとして以下の様なものが考えられます。

  1. 製品自体が異なる
    (例、Office 2016/2019と Microsoft 365など)
  2. 製品のバージョンが異なる
  3. 法人向けか? 一般向けか?
  4. 新しく追加された機能
1. 製品自体が異なる:

例えば、Office 2016/2019 と Microsoft 365 Personal を比べれば当然機能に違いは出てきます。Office 2016/2019 の様に買い切り版と呼ばれている製品は、製品が発売された後は、新機能は追加されません。
これに対して、Microsoft 365 Personal のようなサブスクリプション版は、随時新しい機能が追加されて、常に最新の状態を維持する形になります。
さらに、Office 製品には、ストアアプリといって、Microsoft Store 版という特殊なものもあります。見た目は一緒でもインストール方法が違うことでも、違いが出てきます。

2. 製品のバージョンが異なる:

製品が同じでも、やはりバージョンが異なれば、その機能に違いが発生することはあります。バージョンアップ前と後では、追加された機能、削除された機能など違いが出てきます。

3.法人向けか? 一般向けか?:

Microsoft 365の様に、法人向けに提供されている Microsoft 365 Apps for enterpriese と 一般向けに提供されている Microsoft 365 Personal では、利用できる機能にやはり違いが出てきます。
例えば、IRM(Information Rights Management)を利用した文書の保護機能は、法人向けの機能で、一般ユーザー向けの、Microsoft 365 Personal では利用できません。

4.新しく追加された機能:

新しくロールアウトされる機能は、当然バージョンいくつ以上?という条件がつきますが、その条件に加えて、開発側では、新しく公開される新機能のロールアウトを段階的にユーザーに展開していくことがあります。
これは、”制限されたロールアウト” と言われ、いっきにすべてのユーザーに展開するんではなく、利用できるユーザーを段階的に増やしていって、その製品の状況を確認しながら、新機能を利用できるユーザーを増やしていくという手法で展開することがあるためです。
新しい機能が Microsoft のブログなどで紹介されているとしても、バージョンの条件は満たしているのに機能が展開されていない… そんな場合には、ユーザーは自分のPCで利用できるようになるまで待つしかありません。

こうしたことで発生する機能の違いは、プログラムの不具合とか、Update が失敗してそうなったというようなものではありません。
もちろん、Update が何らかの事情でうまくいかずに一部の機能が使えなくなってしまうこともありうることですが、ご利用の製品の様々な条件によっても異なるので、闇雲に再インストールや修復をすれば改善するものでもありません。

なので、あれ?っと思った時には、先ずはしっかり確認しましょう。
次の際にはいくつか? 現在確認しているいくつかの事例をご紹介いたします。

<参照>

アクセス許可が制限されているファイルを開く
2つの Office ~新機能が追加される Office と 新機能が追加されない Office
“制限されたロールアウト” とは?
Microsoft 365 と Office 2019 の違いは何ですか
Microsoft 365 の新機能
Office 2019/Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて
Microsoft 365 ドキュメント/Docs

Microsoft Office のアカウント情報を盗もうとするフィッシングメール

Amazon、Rakutenなどの大手サイトやクレジットカード会社を騙るフィッシングメールは後を絶ちませんが、今回、大手セキュリティソフトベンダーでもあるカスペルスキーのレーポートによれば、Microsoft Office のアカウントへのサインインを求めるフィッシングメールが横行しつつあるようです。

レポートによれば、Microsoft Office のログインページに似せた Web サイトに誘導してログインさせて情報を搾取しようとするもののようです。

以前からあったようですが、その手口は年々進化してきているとのこと。くれぐれもご注意ください。

<参照>

Microsoft Officeを利用したフィッシングの手口