カテゴリー別アーカイブ: PC

Windows 11 を装ったマルウェアにご注意!

Windows 11 は、Microsoft が次期OSとして投入する予定の新しいWindows製品です。

こちらのブログでも、また本館でも時々ご紹介していますが、この新しいOSは、まだ一般向けには提供されておりません。

そんな中、早くもこの新しい Windows 11 を装った、マルウェアが登場し拡散しつつあるようです。セキュリティソフトベンダーのカスペルスキーが提供しているブログの中で紹介されておりました。

現在、Windows 11 をご利用いただけるのは、Windows Insider Program に登録して かっ発(Dev)チャンネルをご利用のユーザーのみになります。

Windows Insider Program には誰でも参加できるのか?:

もちろんどなたでも参加は可能です。しかし、Insider Programの趣旨をよく理解した上で参加していただく必要があります。

  1. インストールやトラブルへの対処(リカバリなど)すべてご自身の責任で自分で行えるだけのスキルは最低限必要になります。
  2. 業務用のPCなど、日常の利用に影響を及ぼさないPC(環境)を用意し、利用する必要があります。
  3. Insider Program には、比較的製品に近いリリースプレビューチャンネルベーターチャンネル、そして今回 Windows 11 が提供されている 開発(Dev)チャンネルの3つがあり、開発チャンネルはその中で最も技術が求められるものになります。
  4. そして何よりも、Insider Programは、その抱える問題を多くの様々な環境で検証してもらって、その結果をフィードバックすることで、今後製品が世に出るにあたってよりいい状態でリリースできるようにお手伝いするためのものです。その為に、ユーザーを募って事前に配布されているものであることをご理解ください。単に、フリーでWindows 11 がいち早く使えるよ?という趣旨のものではありません。
  5. その他詳細は、Windows Insider Program のサイトをご参照ください。

当然ながら、Microsoft 以外の関係のないサイトからダウンロードできるものではありませんのでくれぐれもご注意ください。

まぁそれにしても、新しいものが出れば、すぐにこうしてだまそうという輩も出てくるわけですね….

<参照>

Windows 11を安全に手に入れる方法/カスペルスキー
Windows Insider Program
フライティングの詳細/Windows Insider
フライティングを理解する/Windows Insider

定期的に配信される “悪意のあるソフトウェアの削除ツール”って何?

本日は、Windows Updateの日。ってことで、今日も朝から Update をスタートさせています。

さて Windows Update をかけた時に “悪意のあるソフトウェアの削除ツール” 何ていう項目を見かけたことはありませんか?
更新プログラムとかと違い、さらに “悪意のあるソフトウェアの削除” 何てあると、何だろう??って。さらには、これって時々失敗したりもします。でも一度失敗すると次には出てこなかったりする。これでいいの?って。

以前にも一度、パソコンのツボ本館の方でも取り上げました。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール/パソコンのツボ(本館)

古い記事ではありますが内容的には現在も変わりませんので、本館の記事も参考にしてみてください。

【”悪意のあるソフトウェア削除ツール” とは?】

とは言え、一応簡単にご紹介しておきます。

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

上記のサイトをご確認いただければ一目瞭然。MSRT(Malicious Software Removal Tool)と呼ばれるもので、”特定の悪質な脅威を検出して削除し、行った変更を元に戻します” というためのツールです。ただしすべてのものが対象ではなく、”対象のマルウェアファミリ” のリンクをクリックすると表示されますが極めて限定的なものです。

なのでこの説明(「MSRT とウィルス対策製品の違い」)にもありますが、”MSRT はウイルス対策製品に代わるものではありません” とあるようにセキュリティソフトに変わるものではありません。その働きの違いについては、”詳細情報” をご参照ください。

【Windows Update で失敗したら?】

基本的にしっかりウィルス対策もできていれば、失敗して検出されなくなったのであればインストールしなくてもいいのかな?と個人的には思っていますが、どうしても Update がきちんと終わっていないと気になるという方は、同サイトより直接ダウンロードも可能です。

上記の画像にもあるように、” Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830) ” より直接ダウンロードすることが可能です。

今回ご紹介している “悪意のあるソフトウェアの削除ツール” のみ Update に失敗しているだけであれば、特別気にしなくてもいいとは思いますが、他の Update などすべて失敗しているようであれば、何か別の問題になるので、対策は必要になるかと思います。

<参照>

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

中古PCにはご注意

日本時間6月25日の0時から開催された Microsoft のイベントで発表された “Windows 11“。パソコンのツボ本館でも2度ほど取り上げましたが、翌日以降メディアやWeb上では、Windows 11 をめぐる様々な情報が報じれらております。

当然ながら Microsoft からも、公式ブログや、Windows あるいは Office などの各製品チームのブログなどでも Winodws 11 をめぐる新しい情報が発信されてにぎわっています。

一方では、このイベントの少し前に公開された Windows 10 のライフサイクル。

ご覧いただくとお分かりいただけるように、2025年10月14日と、そのおしりが見えてきました。

さてそんな中で、ユーザーとして一番の関心事は、現在、お使いのPCに、”Windows 11” をインストールして利用できるようになるか?という点です。
その要求されるCPUスペックやメモリなど、必要最小限のスペックなども以下の様に公開されておりますので、是非チェックしてみてください。

— CPU について:

さてその気になるスペックの中で、今回は、”CPU” について取り上げてみました。
Windows Processor Requirements ” の中で、Intel、AMD、Qualcomm の各CPUについて紹介されておりますが、簡単に言うと….

Intel 第8世代 Coreプロセッサー以降。AMD 第2世代 Ryzen以降となっています。現在、Intel だと第7世代などでも試験中という部分もあるようですが、現時点で要求される最小限のCPUのスペックとしても、その壁は結構高くなっています。

Windows 10 のユーザーには、Windows 11 の提供は無料で行われる予定ですが、仮に現在のPCで、Windows 10 が動作していたとしても、この最小スペックを満たさないPCの場合には、インストールの段階ではじかれてしまいます。

【中古PCへの買い替えの時には注意が必要】

サポートが終了した Windows 7 や、2023年にサポートが終了する Windows 8.1 をご利用のユーザーの方の中には、ぼちぼちパソコンの買い替えを検討されている方も多いかもしれません。さらには、Windows 7 や、Windows 8.1 から、Windows 10 にアップグレードされたユーザーの方も同様に買い替えを検討されている方も多いことでしょう。

どうしても新しいPCは、”高い” というイメージもあるせいか? ”中古” の PC を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。メーカーの直販サイトなどで “アウトレット” として販売されているものなどもありますね。とにかくリーズナブルな価格で入手したいという気持ちはどなたにもあるもの。

しかしこうした PC をお求めになる際に注意していただきたいのは、CPU。特に中古PCの販売サイトでは、CPUに、Intel Core i 7とか、Core i5 といったシリーズ名のみ記載されているだけで、果たしてこれが第?世代のものなのかが、表記されていないケースが多々あります。Windows 10 までであればこれでもよかったわけですが、この先のことを考えていくと問題になってきます。

仮に、Core i 7 の CPU 搭載でお買い得… 何てあっても、蓋を開けてみれば、第3世代や第4世代の Core i 7 だったりすると、せっかく、Windows 10 で購入しても、今後 “Windows 11” にはアップグレードできません。

いくつかのメーカーのオンラインサイトの特にアウトレットなど型落ちしたものをチェックしてみると、とりあえずメーカーのサイトだと、第8世代よりも古いものはほとんど扱っていないようですが、中古を専門に販売されているサイトでは、もっと古いものがたくさんありますので、値段だけにつられて買ってしまうと、数年後にはまた買い換えないといけないことになってしまいます。

— TPM 2.0 への対応:

もう一つネックになりそうなのが、この、”TPM2.0″ への対応。法人向けPCでは、すっかりおなじみではありますが、一般コンシューマー向けにはあまり表に出てこないもの。ここもチェックが必要です。

こうした状況を踏まえると、Windows 11 を見据えて、PCの買い替えを検討する場合、特に中古の場合には注意が必要なわけですね。

<参照>

Windows 10 Home and Pro/ライフサイクル
Windows 10 Enterprise and Education/ライフサイクル
ライフサイクルに関する FAQ – Windows
ハードウエア要件/仕様の最小要件(Windows11)
Windows Processor Requirements

さて次の Windows はどうなる?

先日、今月の24日に次期 Windows に関するオンラインイベントが開催されることが発表されました。

ちょうど先日、Windows 10 May 2021 Update Ver.21H1の配信がスタートて半月ぐらいたったところでの発表。

Windows 10 もその登場が、2015年7月ということからすると、もう10年になるんですね。その内容については、6月24日になってみないと分かりませんが、このイベント注目していきたいと思います。

イベント開催日時: 2021年6月25日 日本時間 0:00~1:00

<参照>

Join us to see what’s next for Windows

Yahoo メール、POPでの外部メール受信機能が5月31日で終了

Yahooメールや、Gmailなどのサービスには、Yahooや Gmail 以外のプロバイダーなどのメールなどを Yahooメール や Gmail でも一括して受信して見られるようにするために、外部メールの受信機能があります。

今回、Yahooメールでは、POP形式による外部メール受信機能の提供が終了することになりました。

【新規追加はすでに停止】

すでに新規に追加することは、2021年2月28日をもって終了しており、追加できなくなっております。
なので影響を受ける方は、今まで利用されていた方のみです。

終了日: 2021年5月31日

現在ご利用の方は、6月1日以降くれぐれもと注意ください。

代表的なプロバイダーのメールサービスを利用の場合には、Yahoo側にPOPとして設定するのではなく、プロバイダーのメールサービス側でメール転送などを利用するようにとの対処法が紹介されております。

<参照>

POPでの外部メール受信機能の提供終了について
POPでの外部メール受信機能の提供終了後のご利用について

Windows リリース正常性ダッシュボード

先日、2021年上期のバージョンとなる “Windows 10 Ver.21H1” がリリースされました。Windows の更新は、こうした上期・下期にそれぞれリリースされる大型の Update の他にも、毎月提供されている更新プログラムがあります。

こうした更新プログラムの情報を集約しているのが、今回ご紹介している “Windows のリリースの正常性” というWebサイトになります。

従来より既知の問題はリリースノートやサポート記事を通じて発信されており、既知の問題が解決するとそこにリンクが張られるという状況でした。

なので既知の問題を追いかけていくとなると、KB番号で検索したり、リリース情報をお気に入りに登録して、その情報の更新内容を追いかけていく必要がありました。

こうした情報を集約しているのが、”Windowsのリリースの正常性” ダッシュボードということになります。
主に、

  • ロールアウトの状態
  • 既知の問題や最近解決された問題の状態
  • Windows更新プログラムに関するニュース

といった情報を提供されています。

上記の様にバージョンごとに、現在のロールアウトの状態、既知の問題とお知らせ、解決した問題が紹介されています。

リリース情報では、現在の各チャンネルのリリース状況が、そして、メッセージセンターでは最新のお知らせが確認できるようになっています。

あのトラブルどうなったかな? 既知の問題の更新プログラムはてきようされたのだろうか?そんな時には、”Windows リリース正常性” ダッシュボードをご確認ください。

<参照>

The Windows release health dashboard: more than just known issues
Windows のリリースの正常性

同じ製品、同じバージョンでも発生する機能の違い Part 1

Microsoft 365 などの Office 製品や、Microsoft Edge などのアプリをいろいろ使ってみると、あれ?と思うことがちょくちょくあります。
今回は、その “あれ?” の中で、同じ製品、同じバージョンでも発生しうる機能の違いについて取り上げてみました。

今回ご紹介するものは現時点で確認できているもので、こうしたものはおそらく確認していくといろいろ出てきそうな?雰囲気なので、随時取り上げてみたいと思います。

【機能の違いは不具合なのか?】

当然製品が異なったり、利用条件が異なれば、その機能が異なることはありうることです。通常、機能の違いが発生するケースとして以下の様なものが考えられます。

  1. 製品自体が異なる
    (例、Office 2016/2019と Microsoft 365など)
  2. 製品のバージョンが異なる
  3. 法人向けか? 一般向けか?
  4. 新しく追加された機能
1. 製品自体が異なる:

例えば、Office 2016/2019 と Microsoft 365 Personal を比べれば当然機能に違いは出てきます。Office 2016/2019 の様に買い切り版と呼ばれている製品は、製品が発売された後は、新機能は追加されません。
これに対して、Microsoft 365 Personal のようなサブスクリプション版は、随時新しい機能が追加されて、常に最新の状態を維持する形になります。
さらに、Office 製品には、ストアアプリといって、Microsoft Store 版という特殊なものもあります。見た目は一緒でもインストール方法が違うことでも、違いが出てきます。

2. 製品のバージョンが異なる:

製品が同じでも、やはりバージョンが異なれば、その機能に違いが発生することはあります。バージョンアップ前と後では、追加された機能、削除された機能など違いが出てきます。

3.法人向けか? 一般向けか?:

Microsoft 365の様に、法人向けに提供されている Microsoft 365 Apps for enterpriese と 一般向けに提供されている Microsoft 365 Personal では、利用できる機能にやはり違いが出てきます。
例えば、IRM(Information Rights Management)を利用した文書の保護機能は、法人向けの機能で、一般ユーザー向けの、Microsoft 365 Personal では利用できません。

4.新しく追加された機能:

新しくロールアウトされる機能は、当然バージョンいくつ以上?という条件がつきますが、その条件に加えて、開発側では、新しく公開される新機能のロールアウトを段階的にユーザーに展開していくことがあります。
これは、”制限されたロールアウト” と言われ、いっきにすべてのユーザーに展開するんではなく、利用できるユーザーを段階的に増やしていって、その製品の状況を確認しながら、新機能を利用できるユーザーを増やしていくという手法で展開することがあるためです。
新しい機能が Microsoft のブログなどで紹介されているとしても、バージョンの条件は満たしているのに機能が展開されていない… そんな場合には、ユーザーは自分のPCで利用できるようになるまで待つしかありません。

こうしたことで発生する機能の違いは、プログラムの不具合とか、Update が失敗してそうなったというようなものではありません。
もちろん、Update が何らかの事情でうまくいかずに一部の機能が使えなくなってしまうこともありうることですが、ご利用の製品の様々な条件によっても異なるので、闇雲に再インストールや修復をすれば改善するものでもありません。

なので、あれ?っと思った時には、先ずはしっかり確認しましょう。
次の際にはいくつか? 現在確認しているいくつかの事例をご紹介いたします。

<参照>

アクセス許可が制限されているファイルを開く
2つの Office ~新機能が追加される Office と 新機能が追加されない Office
“制限されたロールアウト” とは?
Microsoft 365 と Office 2019 の違いは何ですか
Microsoft 365 の新機能
Office 2019/Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて
Microsoft 365 ドキュメント/Docs

Office 2010 のその後

何度かこのブログの中でもご紹介していますが、Office 2010 についての Update についてまた取り上げてみました。

いつまでやってくる? Office 2010 の更新プログラム

3月にも取り上げましたが、本日 Windows Update の日ということで、昨年10月にサポートが終了したにもかかわらず相変わらず更新プログラムが配信されてくる Office 2010。

Office 2010 の場合には、MSI版とC2R版の2種類がありますが、大半の一般ユーザーが利用していたであろうものは、MSI版になります。上記のWebサイトにもあるように、2020年10月13日にサポートが終了しています。

— 4月にも更新プログラムが到着:

そして本日 Update の日。興味津々で更新プログラムのチェック…

案の定到着しております。サポートが終了した2020年10月からするとすでに半年。サポートが終了して1-2回は、最後の更新プログラムに問題があったということで更新プログラムが配信されてきた例はありましたが、サポートが終了しているのにここまで毎月の様に更新プログラムが到着するのは初めてです。

一応今回配信されているものの一例ですが、
Description of the security update for Excel 2010: April 13, 2021 (KB3017810)
といったもの。セキュリティの脆弱性対策ということではありますが….

さていつまで続くのか? 引き続き経過を観察していきたいと思います。

<参照>

Windows インストーラー (MSI) を使用しているバージョンの Office の最新の更新プログラム

Office を活用し、楽しみ、そしてその新しい機能を習得する

前回、Microsoft 365 の新しいラインナップをご紹介いたしましたが、今回は改めて、Microsoft Office を活用し、楽しみ、そして、その新しい機能を習得するのに役立つ “楽しもう Office” のサイトをご紹介いたします。

  • Word や Excel、PowerPoint が入っているの何となく活用しきれていない…
  • Word や Excel の使い方が、本を見ても今一つ理解できない
  • 家計簿をつけてみたいけど、どうやって作ったらいいのかわからない
  • アルバイトや、就職活動に履歴書や職務経歴書を作らないといけないけど作り方側からわからない などなど

お悩みは千差万別…. そんなお悩みに答えてくれるのがまさに “楽しもう Office” というサイトになります。

Officeの新機能Office製品ラインナップはじめようOffice、そして Office テンプレートといった内容で構成されていて、Office 製品を楽しく活用してもらうためのサイトです。

– ”楽しもう高校生活!テンプレート”:
現在春を迎えて、高校生に向けて楽しいテンプレートが公開されています。もちろん高校生だけではなく大学生編もあります。

もちろんそれ以外にも、小学生向け、一般向け、教員向けなど、様々なテンプレートが用意されていますので、これらの豊富なテンプレート、ぜひご活用ください。

楽しもう Office キッズ
は、小学生以下のお子様向けのコンテンツとなっています。

–今さら聞けないこと、動画で勉強したい方向けのコンテンツも:

使い方を確認したい、具体的な操作方法を確認したい….
そんな方には、”今さら聞けない Office のキホン” 。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そして、Outlookの各製品の基本的な使い方が動画などで確認することができます。最新のXLOOKUP関数についても動画で学習することが可能です。

楽しもう Office” 是非ご活用ください。

<参照>

楽しもう Office

過度なアルコール除菌は故障の要因になるので注意が必要

緊急事態宣言はとりあえず週明けには、一旦解除される見込みのようですが、コロナ禍の渦中には変わらないので引き続き、手指消毒、うがい、マスクなど自己防衛は必須です。

さてそんなコロナ禍の渦中においては、PCを使用する際にも、キーボードやマウスなどを使用する際には除菌シートなどで消毒をされている方も多いかと思います。


実際に件数をチェックしたとか具体的な数値があるわけではないので、あくまでも仕事をしている中での体感的なものなのですが、昨年以降、キーボードやマウスの故障に遭遇する機会が多いような気がしてならなかったのでちょっと確認してみました。

【アルコール除菌は控えめに!】

思い立って調べてみると、やはりPCメーカーでも、アルコール除菌についても注意を発しているところはあるようでした。

このご時世でしょうから、やはり問い合わせもあるんでしょうね。

手指消毒には、ある程度濃度の高いアルコールを使用する必要がある一方では、こうした高濃度のアルコールをたっぷりしみこませて、ガシガシキーボードやマウスなどを吹いたり、直接スプレーしたりするとやはり、キーボードやマウスなどの故障につながるようです。一言でアルコールといっても、その成分もまちまち。使用の際にはその成分にも注意を払う必要があります。
キーボードや、マウス以外にも、Webカメラや液晶ディスプレイ(タッチパネル)などにも注意が必要です。

<参照>

キーボード・マウスなどパソコンの清掃に関するご案内/NEC
新型コロナ対策に伴うパソコン機器のお手入れについて/富士通
パソコン製品の消毒と清掃について/富士通
新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)/厚生労働省