Flash Player がはいっていてもコンテンツが実行されない

先日こちらでも取り上げた

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

の記事の続報です。

Flash のコンテンツを利用したサイトで、Flash コンテンツのところには、上記のような画像が表示されるようになりました。

もちろん Microsoft Edge や、Google Chrome などのブラウザには、Flash のコンテンツを一旦ブロックする機能がある関係上、一旦ブロックされるといった表示になりますが、それをクリアすれば従来であれば、Flash のコンテンツは実行できました。

先日もご案内したように、ついに 1/12 より、Flash Player 自身が、Flash コンテンツを実行しないようになり、上記のような画像が表示されるようになりました。

画像をクリックすると、”Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ” に誘導されます。

ついに Flash が終わった…. ってことですね。

<参照>

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

Sponsored Post Learn from the experts: Create a successful blog with our brand new courseThe WordPress.com Blog

WordPress.com is excited to announce our newest offering: a course just for beginning bloggers where you’ll learn everything you need to know about blogging from the most trusted experts in the industry. We have helped millions of blogs get up and running, we know what works, and we want you to to know everything we know. This course provides all the fundamental skills and inspiration you need to get your blog started, an interactive community forum, and content updated annually.

Yahoo メールが送受信できない!

送受信できないといっても、今送受信できないというのは、今回のものに該当しませんから、メールの設定を確認してください。

さてここからが本番です。Yahooのメールアカウントをご利用の方、恐らく大勢いらっしゃるかと思います。
そのメールアカウントを、OutlookやThunderbird、メールアプリなどでご利用の方は、2021年1月19日以降ご注意ください。

1/19以降 Yahooメール を メールソフト に設定されている方は注意!

変更内容など設定については、パソコンのツボ本館でもとりあげましたので、上記サイトにアクセスするか? Yahooのお知らせをご覧ください。
本変更については、2020年8月に既に告知されていたもので、その実施が、2021年1月19日となっているものです。

<参照>

1/19以降 Yahooメール を メールソフト に設定されている方は注意!
Yahoo!メールをより安全にご利用いただくためのメールソフト設定(送受信認証方式)変更のお願い

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

“パソコンのツボ” 本館で先ほど取り上げた内容なのですが、ある意味ちょっと衝撃的な内容だったので、こちらでもご紹介させていただくことといたしました。

【Flash Player アンインストールのメッセージ】

PCを起動したら Flash Player の削除を促す画面が表示されたっていう記事は、以前こちらでもご紹介しました。

こんな画面が出てたんですね。もちろん、2020年12月31日をもってサポートが終了することは、何度も取り上げていたのでわかっていたわけですが、今回はこのメッセージにさらに一文が加わっておりました。

上記をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、”2021年1月12日より、Flash Playerでは Flash コンテンツが実行されなくなります” っていう一文。そして “Adobe Flash Player サポート終了情報ページ” へのリンクを開いてみると…. ”2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックします” とあります。

サポート終了後も、何とか? Flash コンテンツを実行しようと模索されている方も多いようですが、仮に入っていても 1月12日以降は実行できなくなる…. そうなりそうです。

もっとも入っていても実行できなければ意味がないし、また実行できないコンテンツを提供しても意味がないので、こうなるとアンインストールや、コンテンツのリメイクを推し進めることにもなるのかもしれません。

Adobe Flash Player の最後、結構衝撃的な?終わり方になってきましたね。

<参照>

Flash Player が Flashコンテンツを実行しなくなる?
Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって、筆ぐるめで住所録が作成できない

年賀状シーズン真っ只中。現在も、悪戦苦闘されていらっしゃる方も多いかと思います。

“パソコンのツボ” 本館でも、ここ最近は 年賀状関連記事へのアクセスが非常に多くなっています。中でも、毎日100名以上の方がアクセスしているのが以下の記事。

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって住所録を作成できない【筆ぐるめ】

年賀状作成ソフトって、多くのケースでは起動するのも年にこの時期だけという方も多いかと思います。いざ住所録を開いて年賀状を作成しようとしたら、住所録がなくなっている….
ならば仕方ないからあきらめて最初から作成してみるか?と腹をくくって、新規に住所録を作成しようとすると今度は、”このドライブでは住所録を作成することができません” となって、作成もできない….
さて年の瀬も押し迫って、この期に及んでこんな状況になってどうしよう??ということで、ググったりして、ブログにたどり着いているようです。

【バージョンに関係ない】

本館の中でも紹介していますが、このエラーは、どうもバージョンに関係なく発生しているようです。上記の記事も、2015年10月08日に UP したものですが、この時期に限って、毎年アクセスが多い記事になります。
このエラーでお困りの方は是非、上記リンクより対処法をご確認の上お試しください。

【Mac ユーザーのための “はがきデザインキット”】

さてもう一つ、最近アクセスが多いのが、”はがきデザインキット” に関連した記事です。

— “はがきデザインキット” とは?:

“はがきデザインキット” は、日本郵便が無料で提供している年賀状作成ソフトです。例年であれば、インストール版、Web版、そしてスマホ版と提供されていましたが、今年は、”インストール版” と “スマホアプリ版” が用意されています。
基本的な機能(住所録の管理と、通信面の作成)はカバーしているので、必要最低限なものはこれでクリアできます。
さらに、スマホ向けには “手作り風はんこ作成ツール” や “干支似顔絵作成ツール” 何ていうものも用意されていたりします。
もちろん自宅のプリンターで印刷することもできれば、”コンビニはがきプリント” にも対応しているなど中々使い勝手もいいものです。

— Mac で利用するには問題も:

そんな “はがきデザインキット” ですが、Windows をご利用の方は特に問題なくご利用いただけますが、Mac をご利用の方は注意が必要です。

一応、”よくあるご質問” のところにもありますが、macOS 向けには、OS10.7以上、OS10.14 以下となっています。さらに、”インストール版” の画面に入って、”インストール版の使い方に困ったら” のところに、”MacOS Catalina環境におけるインストールについて” とあって、”現在、Adobe AIR がMacOS Catalinaに対応していないため、デザインキットインストール版がご利用いただけない場合があります” と。
でも世の中の macOS は、この秋には、macOS11.0 Big Sur が登場しており、Catalina どころか、すでにその次になっています。じゃあ、Catalina も、そして Big Sur だとダメなのか? と試したのが、次の記事でした。

macOS 11.1 Big Sur に「はがきデザインキット2021」をインストールする

こちらの記事へのアクセスも、ここ最近は増えています。昔は、mac ユーザーと言えばあまりこんな年賀状作成ソフトを利用される方は多くなかったんですが、昨今は、意外と多いんですね…

といことで、”パソコンのツボ” 本館の年賀状ネタで、最近アクセスが急増している記事をご紹介しましたが、こちらのブログをご覧になった方も是非参考にしてみてください。

<参照>

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって住所録を作成できない【筆ぐるめ】
macOS 11.1 Big Sur に「はがきデザインキット2021」をインストールする
はがきデザインキット/日本郵便

Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーン実施中!

毎年自分もこの時期に更新していますが、今年もキャッシュバックキャンペーンがスタートしております。

パソコンのツボ本館では、キャッシュバックキャンペーンの概要Amazon で購入した、Microsoft 365 Personal の 既存の Microsoft アカウントへの紐づけから、キャンペーンの応募まで3回にわたってご紹介しましたので、こちらではそのまとめとして取り上げてみました。

  1. Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーンが今年もスタート!
  2. Amazon で購入した Microsoft 365 Personal を Microsoft アカウントに追加する
  3. Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーンへの応募

キャンペーンはすでにスタートしております。対象は、12月4日から12月24日購入分まで。また応募締め切りは、2021年1月31日まで。

3,000円のキャッシュバックが受けられるいい機会です。是非ご活用ください。
詳細は、パソコンのツボ本館の記事をご参照ください。

<参照>

Microsoft 365 Personal キャッシュバック キャンペーン/Microsoft
Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーンが今年もスタート!
Amazon で購入した Microsoft 365 Personal を Microsoft アカウントに追加する
Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーンへの応募

サービスの正常性の確認

いつも、Microsoftのサービスが現在どうなっているのか?って確認する際に、自分のブログを探しまくったりすることがあるので、以下の “Microsoft のブログ一覧” ところに追加してまとめてみました。

Microsoft のブログ一覧

今回、パソコンのツボ本館でも取り上げましたが、”Skypeのサービスの正常性” の確認サイトも追加させていただきましたので、ぜひご参照ください。

Flash のサービス提供に伴い、Yahoo の定番ゲームの、将棋や囲碁などのサービスが終了!

老若男女問わずご利用の方も多いかと思いますが、Yahoo Japan が提供している定番ゲームでもある、麻雀、将棋、オセロ、囲碁などのゲームの提供が 12/1 に終了します。

これは、以前からも何度か取り上げておりますが、Adobe Flash の提供が、2020年12月末をもってサービスが終了するのに伴い、こうしたゲーム類で、Flash という技術を利用して作成されたものが利用できなくなるためです。

【Adobe Flash/Flash Playerとは?】

今更言うことでもありませんが、簡単にご紹介しておきますと、Adobe Flash とは、Adobe 社が提供する拡張機能で、Web上などで、アニメやアプリといったリッチコンテンツを動的に表示・操作させるために開発されたもので、Web上で手軽に遊べるゲームなどで広く利用されておりました。YouTube の動画なども以前は Flash が利用されていたこともあります。そうしたコンテンツをWebブラウザ上で利用できるようにするための拡張機能が、Adobe Flash Player になります。
従来、Web上のこうしたリッチコンテンツを実行する上での代表的な技術として広く利用されていた Adobe Flash ですが、近年は、その脆弱性の問題もさることながら、HTML5などといった Web 技術の進化により引退を余儀なくされているというような状況です。

【Yahooの定番ゲームもサービス終了】

さて今回の本題です。Yahooモバゲーで提供されていた、将棋や囲碁などの定番ゲームは今回ご紹介した、Adobe Flash Player という拡張機能を利用することでブラウザ上で利用できるものでした。
こちらがAdobe Flash のサービス終了 とともに、こうしたゲームに限らず、Yahoo の中で、Flash を利用したコンテンツやサービスが相次いで終了することになっています。

2021年3月末日までに提供を終了するアプリ/サービスについて” にもありますが、定番ゲームばかりではなく、”Yahoo! きっずゲーム”、”Yahoo!防災側方メール版”、”Yahoo!しごと検索” といったコンテンツがサービスが終了し、完全になくなるもの、他社サービスや他のサービスに引き継がれるものなどがあるようです。

【Internet Archive の試み】

Web 上でのリッチコンテンツ提供の一時代を築いてきた Flash。膨大な数のコンテンツがあるのも事実です。企業が提供するコンテンツは、その企業がサービスの終了を決定すれば、どうにもなりませんが個人のクリエーターの方々が作成された作品など膨大なコンテンツを無駄にしたくない….そんな動きがあるのも事実です。
その一つが、”Internet Archive” が取り組んでいる “エミュレーション” 環境。ご興味のある方は、ブログをご覧になってみてください。

<参照>

Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ
Flash Player とは?
2021年3月末日までに提供を終了するアプリ/サービスについて
Flash Animations Live Forever at the Internet Archive/Internet Archive Blogs

Microsoft の Insider プログラム ”Microsoft Insiders”

Microsoft が 少しでも多くの方からのフィードバックを集めて、より良い製品づくりを行うために、行われている “Insider Program”

Windows Insider や Office Insider といったプログラムの名前はお聞きになったことがある方も多いかと思います。

【8つの分野で展開】

さてこの “Insider Program”。現在、8つの分野で展開されています。

  1. Bing Insider
  2. Microsoft Edge Insider
  3. Office Insider
  4. Skype Insider
  5. Visual Studio Preview
  6. Visual Studio Code Insider
  7. Windows Insider
  8. Xbox Insider

どの Insider Program もその趣旨は一緒。”いい製品にしていきたい!” というところにあります。ユーザーとしてはいち早く新しい製品や機能に触れるチャンスでもありますし、エンジニアにとってはそうしたユーザーからの声を直接聞けるチャンスにもなっています。

お互いに、Win-Win の関係を築いていきたいですね。

【Office Insider プログラムが5周年】

さてそんな中、”Office Insider” プログラムが、5周年を迎えたそうです。

Office Insider Team の皆さん、おめでとうございます。

Office Insider については、私もスタート当初から Office 365 Solo(現:Microsoft  365 Personal) と、Office 365 ProPlus(現:Microsoft 365 Apps for enterprise )で利用されていただいており、いろいろ勉強させていただいています。

Word、Excelといった単体製品が、Office という統合パッケージになり、さらにここ数年では、いろいろな機能が加わって、今日の Microsoft 365 になっていますが、今後も多くの機能が搭載されていくものと思われます。

Microsoft が提供する “Insider Program” ご興味のある方は是非ご参加になってみてください。

<参照>

Microsoft の Insider プログラム
Celebrating 5 Years of the Office Insider Program

Microsoft 365の更新頻度やバージョンの違い

Microsoft 365 のサブスクリプションには、一般ユーザー向けの Microsoft 365 Personal と、法人向けの Microsoft 365 があります。
どちらもサブスクリプション。ですが、その更新頻度は多少異なったりもします。

【更新チャンネル】

法人向けの Microsoft 365 には、その利用状況に応じて更新の頻度が調整できるようになっていて、”更新チャンネル” が導入されています。

現在の既定値は最新チャンネルになっています。

これに対して、一般ユーザー向けの Microsoft 365 Personal にはこうしたシステムはありませんので、上記の例で言うと “最新チャンネル” だけになります。

【同じ最新チャンネルでも更新頻度が違う】

Microsoft 365 Apps for enterprise も、Microsoft 365 Personal も、同じ “最新チャンネル” で、どちらも “サブスクリプション” ということでいうと、同じものの様に見えますが、実際のところ、その更新頻度は、法人向けの製品の場合、一般ユーザー向けのものに比べると、多少バージョンの進み具合や、更新頻度に違いがあるようです。

2020年11月18日現在の更新状況は以下の通りです。

  • Microsoft 365 Apps for enterprise:Ver.2010(Build 13328.20408)
  • Micorosoft 365 Personal:Ver.2011(Build 13426.20234)

ちなみにOffice Insider プログラムに参加している人向けに提供されているものが、

  • ベータチャンネル:Ver.2011(Build 13512.20000)
  • 最新チャンネル(プレビュー):Ver.2011(Build 13426.20234)

となっています。最新チャンネル(プレビュー)は、Insider Slow Ring。実のところ、昨日 11月17日に、提供されたのが、Ver.2011(Build 13426.20234) だったんですが、翌日には、一般ユーザー向けの Microsoft 365 Personal 向けに、最新チャンネルとして提供されているんですね。
恐らく法人向けには、もう少し先なんでしょう。

【ストアアプリ版にはさらに提供が遅い】

こうした “クイック実行版” に加えて、一般ユーザー向けに提供されている製品には、”ストアアプリ版” の Microsoft 365 Personal があります。

こちらの更新は、さらに遅く、現在、

  • 最新チャンネル: Ver.2010(Build 13328.20356)

となっています。11月11日に更新されたのが最後です。
ストアアプリ版の場合、クイック実行版と異なって、何かしら不具合が発生した場合には更新前の状態に戻す、いわゆる “ロールバック” ができません。
なので配信がより慎重になっているということを、担当の方から直接聞いたことがあります。

バージョンが異なれば、不具合の修正状況やら、新機能の搭載状況が微妙に異なることがありますが、いずれにしても最新プログラムが提供された場合には、常に最新の状態を維持して待機する….そんな感じでバージョンが上がっていくのを待つしかなさそうですね。

現在のストアアプリ版が、11月11日に更新されて、Ver.2010(Build 13328.20356) になったタイミングでは、同日にVer.2010(Build 13328.20356)になっていたので、Microsoft 365 Personalも、Micorosoft 365 Apps for enterprise も同じバージョンでした。

ちょっと前までであればほぼ同じタイミングで更新されてきていたわけですが、この1年ぐらいは、更新のタイミングはバラバラだったりします。でも時々同じになったりする面白いもんです。

<参照>

年賀状シーズン到来! 今年もやってきた 「はがきデザインキット2021」

10月末には、年賀状の発売がスタート。今年は、COVID-19 の影響もあって、もうこんな時期なのか?とびっくりするぐらい早い一年です。
年賀状の発売とともに、郵便局の Web ページでは、2021年版 “はがきデザインキット 2021” の提供がスタートいたしました。

はがきデザインキット2021

今年も、インストール版と、スマホ版が用意されていますが、Web版はないようです。
また、Windows ユーザーは特に問題ないかと思いますが、Mac.向けということでいうと、注意事項にもありますが、Adobe Air が、macOS10.15 Catalina に対応していないため、Catalina 上では利用できないようです。

丑年にちなんだイラストや、各種素材。印刷すればすぐに利用できるようなテンプレートなども相変わらず豊富の取り揃えられております。
さらに、スマホ向けには手作り風はんこう作成ツールや、干支似顔絵作成ツールなども用意されています。

加えて今年は、アート年賀状ギャラリーが用意されており、力作をWebで公開したりすることもできるようです。

<参照>

はがきデザインキット2021