タグ別アーカイブ: mac

2017年10月10日にサポートが終了する製品

パソコンのツボ本館では何度か取り上げていますが、間もなく、2017年10月10日サポートが終了する製品について、こちらでも取り上げさせていただきました。

時々勘違いされる方もいらっしゃるので、最初に申し上げますが、サポートが終了するということと、動かなくなるということは別の問題です。サポートが終了したら動かなくなってしまうということでははありません。

あくまでも、マイクロソフト側からプログラムの不具合などが見つかってもプログラムの修正、あるいは修正プログラムの提供などが行われなくなるということを意味します。

ただしそうした修正が行われないということになると、内容によってはセキュリティのリスクが高くなるわけですから、利用を控える、あるいは最新のものに入れなおす必要が出てきます。

では2日後、10月10日にサポートが終了するコンシューマー向け製品についてご紹介いたします。

 

【Windows 10 も決して例外じゃない】

まずは、OS から。

2017年4月11日Windows Vista のサポートが終了したことはご存知かと思います。

Windows Vista のサポートは終了しました

それを機に、Windows 10 などに乗り換えた方も大勢いらっしゃるかと思います。

Windows Vistaは終了したばかりだし、Windows 7 は、とりあえず、2020年1月14日まで続く。では今度は何のサポート期限が来るの?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ご存知ですか? OSにはサポート期限があります!

実は、Windows 10 Ver.1507 のサポート期限が、2017年10月10日 までになっています。

これまでのOSと異なり、Windows 10 の場合には、大きな括りで言えば、2025年10月14日までサポートが続くわけですが、実は、この間に大型の Update が繰り返されていきます。

一番最初、 2015年7月29日 にリリースされた、初期の Winodws 10 Ver.1507 については、すでに、2017年5月9日にサポートが終了しています。

そして今度、10月10日にサポート終了を迎えるのは、 2015年11月10日 にリリースされた Windows 10 Ver.1511 ということになります。

10月17日からは、次期バージョンになる Fall Creators Update Ver.1710 の配信が開始されます。

時々、Windows Update に失敗して、Windows 自体が全く更新ができていないというケースを見かけることがあります。

うちは、Windows 10 だから大丈夫….ではなく、これを機会に一度、ご利用の Windows 10 のバージョンを確認してみてください。

 

【Office 製品は、Mac版も注意!】

さて次は、WordExcel などといった Office 製品です。

ご存知ですか? Office にはサポート期限があります!

ご覧いただくとお分かりのように、

  • Windows版: Office 2007
  • Mac版: Office for Mac 2011 

の製品がサポートの終了を迎えます。

Office 2007 のサポート終了

Office 2007 と言ってしまえば、ざっくりとしていますが、Word 2007、Excel 2007などの各アプリのサポートが終了するということになります。

また、Mac版の、Office for Mac 2011 については、先日公開された、macOS Hight Sierra においては、サポート対象外になります。

 

【その他のサポートが終了する製品】

こうした Windows や Office 製品以外にも様々な製品がサポート終了を迎えます。

2017 年にサポートが終了する製品

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1などの主に法人向けのものから、今回ご紹介したOffice 製品などなど、こうしてみるとたくさんの製品があることをご確認いただけると思います。

その他詳細については、”Microsoft サポートライフサイクル” にて確認してみるとよろしいかと思います。

 

もうぼちぼち、2018年にサポートの終了を迎える製品についても心配しないといけないんですね….。

 

<参照>

Office 2019、2018年後半に登場!

現在、9/25-29までの日程でアメリカのオーランドで開催されている Microsoft Ignite 2017

Microsoft Ignite Vision Keynote

 

この中で、昨日、次期 Office の新バージョン Office 2019 を、来年後半にリリース予定していることが発表されました。

この発表に合わせて、Office Blogs でも、情報が公開されました。

The next perpetual release of Office/Office Blogs

ただし今回はまださわりにすぎず、特にどういった機能が追加されるなどの発表はありませんでしたが、現在と同じように、サブスクリプション版と、買い切り版(永続ライセンス版)が用意されることについては、言及されていたようです。

新製品の発表については、各種メディアでも取り上げられていますが、内容的にはここまでのようです。

 

今後の情報に注目、期待したいところですね。

Microsoft Ignite 2017 は明日まで。一部のセッションをご覧いただくこともできますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

今年の秋は、Windows 10 Fall Creators UpdateOS10.13 High SierraOffice for Mac のメジャーアップデート(Insider版)と、Updateのリリースが続きます。

情報は随時、本館、別館にて配信していきたいと思っています。

 

【2017/9/29更新 追加情報】

Office 2019 について発表された Office Blogsの日本語版でも、情報が公開されました。内容は英語版と同じですが、参考にしてみて下さい。

次期オンプレミス版 Office のリリース/Office Blogs

 

 

<参照>

Microsoft Ignite Vision Keynote

The next perpetual release of Office/Office Blogs

Windows 10 に 2つの Skype

以前に一度、”Skype が利用できないデバイス” ということで、一部のデバイスへのサポートが終了している件を取り上げさせていただきました。

Skype が利用できないデバイス

今回は、Windows 10上で利用できる 2つの Skype について取り上げさせていただきました。

 

【 様々なデバイス向けに提供されているSkype 】

PC(Windows、mac、Linux)、スマートフォン、タブレット、Xbox、そしてウェアブル機器と、様々なデバイス向けに提供されている Skype

一部のデバイス向けにはサポートが終了したとはいえ、まだまだまたこれからも様々な形で、最新の機能が利用できるマルチなソフトであることには変わりありません。

最近では音声自動翻訳機能が一部で提供開始されるなど、新し機能も追加されています。

 

【 Upgrade して Windows 10 になったユーザーは注意 】

以前より Skype をご利用の方は多いかと思います。

例えば、Windows 7 や Windows 8.1 の頃から デスクトップPC向けの Skype をご利用になっていた方は特に注意が必要です。

というのも、Windows 10 には、Skype for Windows 10 という、Windows 10 向けの Skype が、最初から用意されています。

当然 Upgrade する前から、Skype をご利用の方は、Skype for Windows というソフトが削除されるわけではありませんので、Upgrade 後も利用は可能ですし、使用していれば定期的に Update もされます。

Windows 10 が更新されて、さらに Skype の更新がかかって、新しくなった Skype を使ってみてくださいといったようなメッセージに従って起動してみたら、画面が全く違った….

もちろん、”Skype for Windows 10” も更新されていますので、従来からこちらをご利用であっても、UI が一新されるということはないわけでもありませんし、また今後大幅に変わる可能性もあります。

しかし Windows 10 への Upgrade 以前から、ご利用の PC で Skype をご利用になっていて、さらに Upgrade 後も同じように Skype をご利用になっていた場合には、”Skype for Windows”  の方をご利用になっていた可能性がありますのでご注意ください。

さらにもうちょっと厳密にいえば、Office 365 のビジネスユーザー向けに提供されている、Skype for Business といったものもあるので、お仕事でご利用の方の場合は、さらに選択肢が一つあるケースもあるわけですが、この辺の違いはよく理解して上手に使い分けていただく必要があります。

 

【 2つの Skype の違い 】

とりあえず、Skype for Business は、おいておいて、一般の方がご利用いただける、”Skype for Windows 10” と “Skype for Windows” について大まかですが比較してみました。

— アイコンなど 見た目の違い

アイコンは微妙な違いがあります。Skype for Windows 10(白い雲に青字で “S”)と、Skype for Windows(青い雲に白字で “S”)といった違いがあります。スタートメニューをクリックすると、Skypeフォルダの中にある、Skypeが、Skype for Windows になります。

起動してみると、左のようにすっきりとあまり機能的な項目が出ていないのが、”Skype for Windows 10” で、メニューバーや、様々なツールなどが表示されているおなじみのものが、”Skype for Windows” です。

 

— 機能設定などの違い

Skype for Windows 10サインインしたアカウントのアイコンをクリックして、”設定” をクリックすると、各種機能の設定画面に入れます。Skype for Desktop に比べると細かいデバイスの設定についてはないので、シンプルです。

 

Skype for Windowsツール>設定 とはいって各種設定を行います。こちらは従来通り細かな設定が可能になっています。

 

今回、2つの Skype をご紹介しましたが、”Skype for Windows” については、既存の Windows 10 に入っていなければ、Skypeのウェブサイトからダウンロードして利用は可能です。

Skype for Windows のダウンロード

使い方次第でもあるし、またあるいはどちらに慣れているか? という違いはあるでしょうけど、上手に 2つの Skype を使い分けてみるのも一つですね。

最後にもう一度繰り返しますが、いざSkype を起動してみたら、あれ? いつもの画面が違う…. という時

そんな場合には、ぜひスタートメニューから、Skype を確認して、Skype for Windows がないか? 確認してみてださい。

また、Skype for Windows 10 を実際にご利用になって、こんなところが、以前より使いずらくなったとか、あの機能はあったはずなのに新しい方にはないのでぜひ追加してほしいといった場合など、まずはフィードバックしてみましょう。

黙っていたってなにも変わりませんし、ユーザーの皆さんの声があるからこそ、Skype がより良いものになっていくので、ぜひご協力ください。

 

<参照>

Skypeが自動的にアップデートされたのはなぜですか?

Windows desktop の Skype の新機能は?

Skype翻訳を設定して使用する方法を教えてください

Windows 10 で Skype の種類を見分ける方法

Status announcements

 

 

Office に新機能が追加されるサブスクライバーって何?

ここ最近、パソコンのツボ 本館の方では、PowerPoint Designerのことや、3Dモデルへの対応のことについて取り上げましたが、毎回、こうしてOfficeに新しい機能が追加されると紹介してる中で、その対象ユーザーとして、指定されている “Office 365サブスクライバー” という文言。

例えば以下のところがその一例です。

PowerPoint デザイナーについて

では、サブスクライバーって何んでしょうか?

うちで使っているWordやExcelには、ちゃんと新機能が追加されるのでしょうか?

そう疑問に思われる方も多いかと思います。

今回は “Office 365サブスクライバー” について取り上げてみました。

 

— 多種多様なOffice 製品

現在日本で販売されている Office 製品には、大きく分けて、一般家庭向けと法人向けの製品があります。

一般家庭向け:Office Premium(プレインストール版)、Office 365 Solon など
法人向け製品:Office 365 Business、Office 365 Enterpriseなど

製品構成や特徴などの詳細は、”Office 365 で Office を最大限に活用する” のサイトでご確認ください。

法人向けには、中小企業から、教育機関、非営利団体(NPO)向けなどなど様々な形で提供されています。

本当に多種多様。製品の数が多くて、どれが?どれだかわからないぐらいですね。

 

— 買い切り版とは

問題をわかりやすくするために今回は一般家庭向けの製品でご説明しますが、一般家庭向けの製品においては、先ほどご紹介した、PCとセットで販売されている、従来で言うところのプレインストール版、Office Premiumシリーズ と、Office 365 Solo というサブスクリプション版があります。

これに加えさらに従来からあるような統合パッケージ版、いわゆる買い切り版というOfficeがあります。

これが、Office Professional2016Office Home and Business 2016Office Personal2016、Office Professional Academic 2016 といった製品になります。

Mac版で言えば、Office Home & Student 2016 for MacOffice Home & Business 2016 for Mac といった商品です。

忘れてましたが、Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、Access 2016 といった製品を単体でご購入になった場合(単体製品)には、こちらも買い切り版ということになります。

もちろん買い切り版の場合、新しい機能は追加されませんし、Office 2013 から、Office 2016 にバージョンアップするといった形でのバージョンアップ も行われませんが、セキュリティの更新プログラム製品のサポート期間は提供されます。

 

— 自分はサブスクライバー?

先ほどご説明した買い切り版以外の中で、Office 365 Solo については、いわゆる今回取り上げたサブスクリプション版ということになります。当然ながら、サブスクライバーということですね。

また、Office Premium は、その特徴として、常に最新のOfficeが利用可能ということもあり、Office 365 Solo を利用されている方同様、サブスクライバーということになります。

* ボリューム ライセンスで提供されるスイート製品の比較 のところでも説明されていますが、法人向けの製品で言えば、Office 365 ProPlusといった形で利用されているものはサブスクリプション版ですが、VL(ボリュームライセンス)版として提供されているもの(Office Professional Plus 2016、Office Standard 2016、Office Standard 2016 for Mac)は、買い切り版と同じ扱いになります。

 

— 新たに購入する場合には注意が必要

Office 製品の入っていないPCで、Office をご利用いただくために、新たに購入しようという場合には、こうした製品の違いについて注意しないと、Ver.**** からついているはずのあの機能がうちのPCにはない…

ということになるので、気を付けたいですね。

もちろん、買い切り版には、買い切り版のメリットもあります。その一番は、新たに追加料金が発生しないということ。

サブスクリプション版の場合には、月額・年額などご契約形態によって、課金が発生します。またOffice Premium の場合には、課金は発生しませんが、購入した時のPCでしか利用できないという制限があります。

最終的にはご自身での利用環境をよく検討してどちらを選択するか?ということになるわけですね。

 

— 非正規品にはご注意を

最後に、まだまだこの被害を被る方も多いので、ご紹介します。

国内外の大手の通販サイトを含む様々な通販サイトでは、当然ながらきちんとした正規版の製品も販売されていますが、それに混ざって、海外で販売されている日本ではライセンス認証できないものや、Office Premium など本来単体では販売できないものが、あたかも正規品かのように販売されていたりします。

もちろん取り締まりは行われていますが、”いたちごっこ” というのが現実で、なかなか根絶することはできません。

多くの場合、極端に安い料金で、複数台数で使えるなどのうたい文句で販売されていたりしますが、最初にインストールはできたけどその後、再インストールしてもライセンス認証ができなくなったなどといった話はたくさんあります。

手痛い授業料を払うことにならないためにも、こうしたものには安易に手を出さないようくれぐれもご注意ください。

 

— 補足

ちょうど現在、PowerPoint向けに、Presentation Translator という機能が提供されています。

PowerPoint でリアルタイムの字幕を 60 を超える言語で表示/Microsoft Community

こちらの機能のように、Add-in として提供されているもの、さらには、ストアなどからダウンロードして利用できる Officeアドインなどについては、Office 365 サブスクライバーという限定はありませんので、そのシステム要件を満たす Office 製品をご利用であれば、新機能として追加して利用することが可能です。

 

 

 

【参照】

Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期
Office 365 と Office 2016 の違い
Office Premium搭載 PC
About PowerPoint Designer
PowerPoint デザイナーについて
Office 365 で Office を最大限に活用する
ボリューム ライセンスで提供されるスイート製品の比較
高額ソフトの購入、「買い切り」と「月額制」どっちを選ぶ? Office2016のライセンスについて考えてみた(笠原一輝)/engadget
非正規品の Office にご注意ください

Microsoft Office 365に関するよくあるお問い合わせ/DELL

Update と既知の問題、そして回避策

毎月日本時間で言うと第一水曜日、第二水曜日にそれぞれWindowsやOffice製品の定例のUpdateが実施されます。

このUpdate。問題なければそれに越したことはありませんが、必ずしもそうなるとも限らず、何かしら既知の問題を抱えていたりするケースがあります。

そうしたUpdateに伴う Office 製品の既知の問題をどこで確認したらいいのか?そして何かしら回避策などが紹介されているのか?

そんなサイトが以下のところになります。

Office の問題に関する修正プログラムと解決策

 

上記サイトには、Windows版、Mac版などの、Officeの各製品のUpdateなどに伴う既知の問題や回避策、今後の対応などについて紹介されています。

ちょうど、パソコンのツボ本館の方でも今回取り上げたOutlookに関する既知の問題や、その回避策、現在の状況などもこちらのサイト経由で確認することができます。

Update以降、あれができなくなった、エラーが表示されるようになった…などなど既に報告され、Microsoft側でも対応中だったり、すでに回避策が提示されているケースも多々あるかと思いますので、その場合には一度本サイトを参考にしてみてください。

また同サイトでは、Outlook.com や OneDrive といったサービスについての問題についても提示されています。

 

【参照】

Office の問題に関する修正プログラムと解決策

 

 

Windows (OS) と Office の組み合わせ

今年の春、Windows Vistaのサポートが終了しました。

他にも、今年の1月、Windows Live製品のサポート・提供も終了しました。

そして、この後、今年は、Office 2007 と、Office for Mac 2011 が、10月10日にサポートが終了します。

サポートが終了した製品を使い続けることのリスクは、先日のランサムウェアの騒ぎでもお分かりいただけたと思います。

不具合が見つかっても修正プログラムが提供されません。通常 マイクロソフトの製品は、製品発売後、 5 年間のメインストリーム サポートと、 5 年間の延長サポートが最低限提供されます。この辺りは、Appleの製品のようにサポート期限が明確になっていないものと比べれば利用者にとっては非常にわかりやすい部分です。

さてそんな中。では現在提供されている、Office 製品はどの OS (Windows)をサポートしているのか?

Office Support Team Blog JAPANのブログで紹介されていましたので取り上げてみました。

先ほども触れましたが、近いところでは次は、Office 2007 (Windows 版)と、Office for Mac 2011のサポート期限があと4か月を切りました。

“2017 年にサポートが終了する製品” のサイトでも紹介されていますが、家庭向けの製品以外の法人向けの製品でも、かなりの数の製品がサポート終了を迎えます。

当然法人の皆様はすでに、次への対応を準備されているかと思いますが、一般のユーザーの皆様においても、ぼちぼち乗り換えの準備を検討する必要がありそうですね。

 

【参照】

Windows と Office のバージョンによる組み合わせについて/Office Support Team Blog JAPAN

ご存知ですか? OS にはサポート期限があります!

2017 年にサポートが終了する製品

 

気になる新しい mac OS 10.13 High Sierra の動作環境

昨日は、Office製品の互換性について取り上げましたが、今回は、mac OS 10.13 High Sierra の動作環境についてもご紹介しておきます。

WWDC2017のkeynoteでは、この辺りも触れていました。

 

 

keynote の中で紹介されていた画面ですが、上記にもある通り、基本的には、mac OS 10.12 Sierra 一緒のようです。

MacBook:Late 2009以降
MacBook Air:Mid 2010以降
Macbook Pro:Late 2010以降
iMac:Late 2009以降
Mac mini:Mid 2010以降
Mac Pro:Mid 2010以降

この秋には、Windows 10 についても、Redstone 3 (Fall Creators Update)が予定されています。

Windows にしても、mac にしても新しいものには、どんな機能が追加されるんだろう? どんな未来を見せてくれるんだろう?と期待も高まりますね。

この秋は忙しくなりそうです。

 

【参照】

Windows 10 Fall Creators Update

mac OS 10.13 High Sierra

mac OS 10.13 High Sierra と Office の互換性

米国時間で言えば昨日、6月5日(日本時間 6月6日)、WWDC2017において、この秋に公開される予定の、新しい  “mac OS High Sierra 10.13” が発表されました。

 

Apple Developerサイトでは、開発者登録されているユーザの方向けにベータ版の提供も開始され、また6月後半には、パブリックベータ版の一般公開も予定されており、現在登録も受け付けています。

近日開始 iOS、macOS、および tvOS パブリックベータ/Apple Beta Software Program

さて、この新しい mac OS。現在、提供されている Office 製品との互換性はどうなるのか?

Microsoftからも、早々に情報が公開されました。

現在サポートされている Office 製品は、Office for Mac 2011 と Office 2016 for Mac の2製品になります。

20170606-0

Microsoftのサポートページによれば、

Office 2016 for Mac
15.35 and later
Word、Excel、PowerPoint、OneNote ともに現時点での動作の確認はとれているようです。ただしすべての機能が確認できているわけではないため、一部の機能が動作しないとか、起動しても動作が不安定で予期しないエラーで終了してしまうということは十分ありうるようで、Microsoftでも、試す場合にはちゃんとバックアップを取った上で試すようアナウンスしています。

15.34 and earlier
現在、Current Channel で提供されているのが、ver.15.34 になるわけですが、このバージョンにおいては、動作しないアプリがあるようです。サポートサイトでは、Outlookを起動しようとして、「You can’t use this version fo the application “Microsoft Outlook” with this version of mac OS.」 というエラーが表示されて起動できない例が紹介されています。

Office for Mac 2011:
こちらは、Microsoft Office for Mac 2011(製品のライフサイクル) にもありますが、2017年10月10日にサポートが終了するため、最初からサポート対象にはなっておりません。

 

現在、mac OS 向けに提供されている Office 2016 for Mac の更新状況 は以下の通りです。

1) Current Channel:     Version 15.34.0 (Build 17051500)
2) Office Insider Slow: Version 15.35.0 (Build 17060300)
3) Office Insider Fast:  Version 15.36.0 (build 17053000)

* なお、リリースノートによれば、Volume license 版は 15.29.0 (161209) となっています。

つまり、仮に mac OS High Sierra 10.13 上で、Office 2016 for Mac を試すのであれば、現時点では、Office Insider に参加登録して、Insider バージョンを導入する必要があります。
一般向けに、パブリックベータ版の提供が開始される段階で、Office 2016 のバージョンがどこまで上がっていくか?にもよりますが、場合によっては、Office Insider への登録(無料)も必要になるかもしれません。

6月後半には、mac OS 10.13 Hight Sierra のパブリックベータ版の提供が開始される予定です。もちろんベータ版として提供されている間は、Microsoftでも正式にはサポートはしていませんので、ご注意ください。

 

 

【参照】

Microsoft Office support for macOS 10.13 High Sierra

Microsoft Office for Mac 2011/製品のライフサイクル

Office 2016 for Mac のリリース ノート

Office 2016 for Mac の更新履歴

Version and build numbers of update channel releases