カテゴリー別アーカイブ: mac

Windows 11 を装ったマルウェアにご注意!

Windows 11 は、Microsoft が次期OSとして投入する予定の新しいWindows製品です。

こちらのブログでも、また本館でも時々ご紹介していますが、この新しいOSは、まだ一般向けには提供されておりません。

そんな中、早くもこの新しい Windows 11 を装った、マルウェアが登場し拡散しつつあるようです。セキュリティソフトベンダーのカスペルスキーが提供しているブログの中で紹介されておりました。

現在、Windows 11 をご利用いただけるのは、Windows Insider Program に登録して かっ発(Dev)チャンネルをご利用のユーザーのみになります。

Windows Insider Program には誰でも参加できるのか?:

もちろんどなたでも参加は可能です。しかし、Insider Programの趣旨をよく理解した上で参加していただく必要があります。

  1. インストールやトラブルへの対処(リカバリなど)すべてご自身の責任で自分で行えるだけのスキルは最低限必要になります。
  2. 業務用のPCなど、日常の利用に影響を及ぼさないPC(環境)を用意し、利用する必要があります。
  3. Insider Program には、比較的製品に近いリリースプレビューチャンネルベーターチャンネル、そして今回 Windows 11 が提供されている 開発(Dev)チャンネルの3つがあり、開発チャンネルはその中で最も技術が求められるものになります。
  4. そして何よりも、Insider Programは、その抱える問題を多くの様々な環境で検証してもらって、その結果をフィードバックすることで、今後製品が世に出るにあたってよりいい状態でリリースできるようにお手伝いするためのものです。その為に、ユーザーを募って事前に配布されているものであることをご理解ください。単に、フリーでWindows 11 がいち早く使えるよ?という趣旨のものではありません。
  5. その他詳細は、Windows Insider Program のサイトをご参照ください。

当然ながら、Microsoft 以外の関係のないサイトからダウンロードできるものではありませんのでくれぐれもご注意ください。

まぁそれにしても、新しいものが出れば、すぐにこうしてだまそうという輩も出てくるわけですね….

<参照>

Windows 11を安全に手に入れる方法/カスペルスキー
Windows Insider Program
フライティングの詳細/Windows Insider
フライティングを理解する/Windows Insider

Outlook チームが、Teams用の背景を無償提供中!

現在、TechCommunity の Outlook チームのブログでは、Microsoft Teams 用の背景画像を無償で配布しています。

全部で5種類。Office のロゴなどをあしらった Microsoft Teams用の背景画像です。

New Outlook and Office themed backgrounds for Teams meetings

どなたでも無料でダウンロードしてご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

開封確認を要求するAmazonのフィッシングメール

Amazon のアカウントを搾取するために送られてくるフィッシング詐欺メール。

相変わらず減りませんね。
もちろんメールを開いても、基本的には、リンクをクリックしてアカウント情報を入れたりしなければそれ以上のことになならないのですが、この Amazon を騙るフィッシングメールに新たなパターンが….

メールを開いてみると、 “開封確認”を送っていいか?というポップアップが….

どうやら、開封確認を要求するようなフィッシングメールも出回っているようです。要はそのメールがちゃんと届いているのかを、敵も知りたがっているってわけですね。

そんなメールを開けて、開封確認の通知を送るかどうか?聞いてきても絶対に送信などしないで削除してください。

<参照>

AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける
Amazonを装った迷惑メールの見分け方と3つの対処法/Norton
Amazon関連のよくある詐欺/カスペルスキー

Office 2010 向け更新プログラムの提供がやっと終了?

昨年の10月14日に、サポート期限が終了。にもかかわらず、その後も延々と更新プログラムが来ていた Microsoft Office 2010。

このブログの中でも何度かにわたってご紹介してまいりました。

4月の、KB3017810などを最後に、ついに5月からは、Office 2010 向けの更新プログラムは出てこなくなりました。

ひと月か?、せいぜいふた月。さらには、そのセキュリティの重大性によっては、引き続き提供されているケースもこれまでにはあったんですが、振り返ってみると、半年にわたって提供されていたことになります。

Web上でもサポートが終了していることはアナウンスしていたので、どうして提供されていたのか? はわかりませんが、ついに完全終了を迎えたことになります。
Office 2010 をご利用の皆さんは、今後は、Office 2019やこの秋に出るであろう、Office 2021、あるいは、Microsoft 365 Personal などへの乗り換えを検討すべき時期がとうとうやってきたというわけです。

2025年には、Office 2019 のサポートも終了するし、Office 2021 がこの秋にも出そうなムードもある。微妙な時期ではありますが、常に最新の機能が使用できる Microsoft 365 ならサポート期限を気にする必要もないので、この際、Microsoft 365 に乗り換えてしまうというのも一案かもしれませんね。

<参照>

Windows インストーラー (MSI) を使用しているバージョンの Office の最新の更新プログラム

同じ製品、同じバージョンでも発生する機能の違い Part 1

Microsoft 365 などの Office 製品や、Microsoft Edge などのアプリをいろいろ使ってみると、あれ?と思うことがちょくちょくあります。
今回は、その “あれ?” の中で、同じ製品、同じバージョンでも発生しうる機能の違いについて取り上げてみました。

今回ご紹介するものは現時点で確認できているもので、こうしたものはおそらく確認していくといろいろ出てきそうな?雰囲気なので、随時取り上げてみたいと思います。

【機能の違いは不具合なのか?】

当然製品が異なったり、利用条件が異なれば、その機能が異なることはありうることです。通常、機能の違いが発生するケースとして以下の様なものが考えられます。

  1. 製品自体が異なる
    (例、Office 2016/2019と Microsoft 365など)
  2. 製品のバージョンが異なる
  3. 法人向けか? 一般向けか?
  4. 新しく追加された機能
1. 製品自体が異なる:

例えば、Office 2016/2019 と Microsoft 365 Personal を比べれば当然機能に違いは出てきます。Office 2016/2019 の様に買い切り版と呼ばれている製品は、製品が発売された後は、新機能は追加されません。
これに対して、Microsoft 365 Personal のようなサブスクリプション版は、随時新しい機能が追加されて、常に最新の状態を維持する形になります。
さらに、Office 製品には、ストアアプリといって、Microsoft Store 版という特殊なものもあります。見た目は一緒でもインストール方法が違うことでも、違いが出てきます。

2. 製品のバージョンが異なる:

製品が同じでも、やはりバージョンが異なれば、その機能に違いが発生することはあります。バージョンアップ前と後では、追加された機能、削除された機能など違いが出てきます。

3.法人向けか? 一般向けか?:

Microsoft 365の様に、法人向けに提供されている Microsoft 365 Apps for enterpriese と 一般向けに提供されている Microsoft 365 Personal では、利用できる機能にやはり違いが出てきます。
例えば、IRM(Information Rights Management)を利用した文書の保護機能は、法人向けの機能で、一般ユーザー向けの、Microsoft 365 Personal では利用できません。

4.新しく追加された機能:

新しくロールアウトされる機能は、当然バージョンいくつ以上?という条件がつきますが、その条件に加えて、開発側では、新しく公開される新機能のロールアウトを段階的にユーザーに展開していくことがあります。
これは、”制限されたロールアウト” と言われ、いっきにすべてのユーザーに展開するんではなく、利用できるユーザーを段階的に増やしていって、その製品の状況を確認しながら、新機能を利用できるユーザーを増やしていくという手法で展開することがあるためです。
新しい機能が Microsoft のブログなどで紹介されているとしても、バージョンの条件は満たしているのに機能が展開されていない… そんな場合には、ユーザーは自分のPCで利用できるようになるまで待つしかありません。

こうしたことで発生する機能の違いは、プログラムの不具合とか、Update が失敗してそうなったというようなものではありません。
もちろん、Update が何らかの事情でうまくいかずに一部の機能が使えなくなってしまうこともありうることですが、ご利用の製品の様々な条件によっても異なるので、闇雲に再インストールや修復をすれば改善するものでもありません。

なので、あれ?っと思った時には、先ずはしっかり確認しましょう。
次の際にはいくつか? 現在確認しているいくつかの事例をご紹介いたします。

<参照>

アクセス許可が制限されているファイルを開く
2つの Office ~新機能が追加される Office と 新機能が追加されない Office
“制限されたロールアウト” とは?
Microsoft 365 と Office 2019 の違いは何ですか
Microsoft 365 の新機能
Office 2019/Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて
Microsoft 365 ドキュメント/Docs

Microsoft Office のアカウント情報を盗もうとするフィッシングメール

Amazon、Rakutenなどの大手サイトやクレジットカード会社を騙るフィッシングメールは後を絶ちませんが、今回、大手セキュリティソフトベンダーでもあるカスペルスキーのレーポートによれば、Microsoft Office のアカウントへのサインインを求めるフィッシングメールが横行しつつあるようです。

レポートによれば、Microsoft Office のログインページに似せた Web サイトに誘導してログインさせて情報を搾取しようとするもののようです。

以前からあったようですが、その手口は年々進化してきているとのこと。くれぐれもご注意ください。

<参照>

Microsoft Officeを利用したフィッシングの手口

Office を活用し、楽しみ、そしてその新しい機能を習得する

前回、Microsoft 365 の新しいラインナップをご紹介いたしましたが、今回は改めて、Microsoft Office を活用し、楽しみ、そして、その新しい機能を習得するのに役立つ “楽しもう Office” のサイトをご紹介いたします。

  • Word や Excel、PowerPoint が入っているの何となく活用しきれていない…
  • Word や Excel の使い方が、本を見ても今一つ理解できない
  • 家計簿をつけてみたいけど、どうやって作ったらいいのかわからない
  • アルバイトや、就職活動に履歴書や職務経歴書を作らないといけないけど作り方側からわからない などなど

お悩みは千差万別…. そんなお悩みに答えてくれるのがまさに “楽しもう Office” というサイトになります。

Officeの新機能Office製品ラインナップはじめようOffice、そして Office テンプレートといった内容で構成されていて、Office 製品を楽しく活用してもらうためのサイトです。

– ”楽しもう高校生活!テンプレート”:
現在春を迎えて、高校生に向けて楽しいテンプレートが公開されています。もちろん高校生だけではなく大学生編もあります。

もちろんそれ以外にも、小学生向け、一般向け、教員向けなど、様々なテンプレートが用意されていますので、これらの豊富なテンプレート、ぜひご活用ください。

楽しもう Office キッズ
は、小学生以下のお子様向けのコンテンツとなっています。

–今さら聞けないこと、動画で勉強したい方向けのコンテンツも:

使い方を確認したい、具体的な操作方法を確認したい….
そんな方には、”今さら聞けない Office のキホン” 。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そして、Outlookの各製品の基本的な使い方が動画などで確認することができます。最新のXLOOKUP関数についても動画で学習することが可能です。

楽しもう Office” 是非ご活用ください。

<参照>

楽しもう Office

Microsoft 365 Personal 15ヵ月版の販売がスタート

“Microsoft 365 Personal” と言えば、一般向けのサブスクリプション版の Office の統合パッケージになります。そんな、Microsoft 365 Personal に新たに今年の2月から 15ヵ月版が投入されました。

Windows Blogs によると、あくまでも、PCなどと同時購入することが前提の製品。同時購入することで、3ヵ月余計に使えるというお得な製品です。

3ヵ月余計に使えるという点以外は、基本的に、通常の Microsoft 365 Personal と一緒。つまり、5台のデバイスまで同時使用が可能になります。

同時購入の対象はPCに限られないようですので、Office 製品の買い替えをご検討になっている方にとっては一つの選択肢になりそうですね。

<2021/04/10更新>

お得に Microsoft 365 を楽しめるという点からいうともう一つご紹介しておきます。

Windows 10 をご利用の方であれば、PCの電源を入れたら、いきなり “デバイスのセットアップを完了しましょう” と表示されて、進んでいくと表示される特典。
これなども、Microsoft 365 と使ってみようかな?と考えていらっしゃる方にとっては、50%引きで利用できるという点では、非常にお得な選択肢ですよね?

【参照】

パソコンや周辺機器との同時購入で Microsoft 365 Personal を更にお求めやすく。Microsoft 365 Personal 15 か月版の販売を開始
Microsoft 365 Personal 15 ヶ月版

過度なアルコール除菌は故障の要因になるので注意が必要

緊急事態宣言はとりあえず週明けには、一旦解除される見込みのようですが、コロナ禍の渦中には変わらないので引き続き、手指消毒、うがい、マスクなど自己防衛は必須です。

さてそんなコロナ禍の渦中においては、PCを使用する際にも、キーボードやマウスなどを使用する際には除菌シートなどで消毒をされている方も多いかと思います。


実際に件数をチェックしたとか具体的な数値があるわけではないので、あくまでも仕事をしている中での体感的なものなのですが、昨年以降、キーボードやマウスの故障に遭遇する機会が多いような気がしてならなかったのでちょっと確認してみました。

【アルコール除菌は控えめに!】

思い立って調べてみると、やはりPCメーカーでも、アルコール除菌についても注意を発しているところはあるようでした。

このご時世でしょうから、やはり問い合わせもあるんでしょうね。

手指消毒には、ある程度濃度の高いアルコールを使用する必要がある一方では、こうした高濃度のアルコールをたっぷりしみこませて、ガシガシキーボードやマウスなどを吹いたり、直接スプレーしたりするとやはり、キーボードやマウスなどの故障につながるようです。一言でアルコールといっても、その成分もまちまち。使用の際にはその成分にも注意を払う必要があります。
キーボードや、マウス以外にも、Webカメラや液晶ディスプレイ(タッチパネル)などにも注意が必要です。

<参照>

キーボード・マウスなどパソコンの清掃に関するご案内/NEC
新型コロナ対策に伴うパソコン機器のお手入れについて/富士通
パソコン製品の消毒と清掃について/富士通
新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)/厚生労働省

速報! Microsoft Edge にキッズモードが登場

Mirosoft Edge に新たに “キッズモード” が追加されるようです。

これまでであれば、子供用にアカウントを作成して、ファミリーセーフティを利用してといろいろ煩雑な手順が必要でしたが、ちょっとだけ子供にブラウザを利用させたい時などは、このキッズモードが重宝するかもしれませんね。

Supportサイトによれば、
「キッズモードには、カスタム ブラウザー テーマ、お子様に優しいコンテンツ、許可リストに基づく閲覧、厳格に設定された Bing セーフサーチ、終了するパスワード要件のような機能が含まれます」とあり、
また、
「お子様モードでは、お子様のアカウントやプロフィールは必要としません」ともあります。

ただし現時点では、Canary版の、さらには英語環境向けに試験配信がスタートしたばかりなので、日本語版で一般のユーザーの方が目にするのはもう少し先のお話になりそうです。

–しっかり管理するならファミリーセーフティ

もちろん、ブラウザの利用を含めたPC自体の利用を保護者の方がしっかり管理するためには、お子様用にアカウントを作成してファミリーセーフティを設定するのが一番になります。

日本語環境での利用や、今後の展開が気になるところです。

<参照>

Microsoft Edge のキッズモードの詳細
Windows 10 でペアレンタル コントロールを設定する方法
[Windows 10] 子どもがアクセスできるホームページを制限する方法を教えてください/富士通