月別アーカイブ: 2020年3月

メールが送受信できない

メールの送受信ができなかったり、受信ができるのに、突然送信だけできなくなったなど…

メールにまつわるトラブルはいろいろあるかと思います。
今回ご紹介するのは、何も設定を変更していないのに突然メールの送受信でトラブルになったという一例です。

【プロバイダーからのお知らせ】

みなさん、プロバイダーからのお知らせのメールなどはきちんとご覧になっていますか?
結構みなさん、内容など見ずに捨ててしまっている方も多いのかもしれません。

時に大切なお知らせなんかもあったりしますので、注意が必要です。毎回とまでは言いませんが、やはり時にはざっとでも目を通した方がよろしいかもしれません。

今回ご紹介するメールのトラブルは、そんなメールを見過ごして、メールの設定が変わっているにもかかわらず、設定変更していなかったことに起因するトラブルです。

・いつも来る宣伝のメールだろう?
・何か書いてあるけどよくわからないから、いいや…
・メールなんてほとんど使わないから見たことないよ…

知らなかったじゃすまされないものもあったりします。

【メールのトラブルは先ずはメールの設定を確認】

メールの送受信のトラブルで、先ずは回線が問題になります。インターネットが利用できなければ当然メールの送受信もできません。
そして次が、設定。設定なんて自分では全く変更していないのになぜ?突然送受信ができなくなるのか? それは、やはり設定の問題もあったりします。

–OCN の例:突然、メールソフトで送受信ができなくなったお客さま

OCNの場合、かなり前から、メールサーバーなどの設定が新しいものになっていて、Webサイト上での説明では既に新しい設定のみ案内されておりました。
但し古くからご利用のユーザーの場合、サーバー設定が古いままの方も多く、また昨年の10月以前は、それでも利用が可能でした。
なので、設定を変更するようにといった案内があっても、”なんだか?よくわからないから….” とパスしてた方も多いようで、そうした方が、昨年の10月以降メールの送受信ができなくなるトラブルが発生しています。

<以前> 
 abc123@bbb.ocn.ne.jp というメールアドレスの場合
メールアドレス: abc123@bbb.ocn.ne.jp
POPサーバー名:bbb.ocn.ne.jp ポート:110
SMTPサーバー名:smtp.vcbbb.ocn.ne.jp ポート:587

<現在>
 abc123@bbb.ocn.ne.jp というメールアドレスの場合
メールアドレス: abc123@bbb.ocn.ne.jp
POPサーバー名:pop.ocn.ne.jp ポート:995 SSL:使用する
SMTPサーバー名:smtp.ocn.ne.jp ポート:465 SSL:使用する

詳細は上記の、OCNのリンクをご参照ください。

–Niftyの例:infowebドメイン終了に伴うメール設定変更のお願い

こちらは、同じ設定変更でも、メールサービスが移行して設定変更をしていなかったりするケース。Niftyは、かなり前になりますが、同じ富士通系のプロバイダーで、InfoWebと統合しましたが、その後も InfoWebのユーザーは、このドメインのメールアカウントが利用できていました。今回、この終了に伴う設定変更が必要になってきました。
ちなみに、今回の Nifty のケースでは、”2020年05月26日(火)” までに設定を変更する必要があるようです。間もなくですね。ご注意ください。

こうしたサービス統合などに伴う設定変更などが必要なケースもあるわけです。

もちろんメールにまつわるトラブルはこればかりではありません。
でも今回ご紹介したトラブルは、よくよく注意すれば事前に防げるものです。

ご利用のプロバイダーからのお知らせメール。
時にはざっとでもいいので目を通した方がいいですね。

PowerPoint で作成したPOPを印刷しても何も印刷されない

からくりを明かせばなぁ~んだっていうことなんですが、こういうこともあるんだな?というトラブルの一例をご紹介します。

PowerPoint を利用して、自分のお店に貼りだすPOPを作成。さて印刷しようとしたら、何も印刷されない…そんな相談がありました。

例えばそれを再現したのが以下の例です。簡単に再現して作成してみたものですが、そのお客様のものはもっと手の込んだものでした。

左の様にA4サイズ用紙に文字や画像などを配置して、さて印刷してみると…右の画像の様に何も表示されない。

でもあれ?とお気づきの方もいらっしゃいましたか? 実際に作成された画面はA4サイズなのに、プレビューの画面はA4じゃないですよね? そういう意味では気が付きやすいパターンだったわけでもあります。

どいういうことか?というと、実はこの方、表示タブを開いてみたら、ノートに作成されていたんですね。なので、標準のスライドには何も作成されていなかったわけで、故に何も表示されなかった(印刷されなかった)… というわけです。

なので今回は、ノートに作成したものを、標準のスライドの画面に移行してもよかったわけですが、とりあえず印刷する対象を、以下の画像にもあるように、ノートに変更して印刷していただきました。

どういったタイミングで、ノートに作成するに至ったのか?その経緯はわかりませんが、PowerPoint を起動して A4サイズにしようとしていろいろいじっていたら、ノートの画面になって、これでOKだ…ということになったのかもしれませんね。

当然ながら本来の使い方ではないわけですが、こんなちょっとしたボタンの掛け違いのようなトラブルも多いんでしょうね….

自宅学習向け予定表のテンプレート

昨今の、コロナウィルス騒動。まだまだ先が見えません。

さてそんな中で、Microsoft でも、学校教育機関向けに、様々な支援を行っております。

・新型コロナウイルスに対応するお客様に向けたマイクロソフトの支援

その一つが、上記のようなものなわけです。

でももうちょっと身近なところで、そして誰でも利用できるようなものがないかな?と思ってたところ、こんなテンプレートも公開されました。

在宅学習をサポートする時間割テンプレートを『楽しもうOfficeで配布開始』

【「楽しもうOffice」にて配布!】

上記のテンプレートは、”楽しもう Office” というサイトにて配布されている PowerPoint 向けのテンプレートになります。

上記は、今回のものとは異なりますが、WordやExcel、PowerPointにOneNoteなど様々な Office アプリを活用するためのテンプレート(ひな形)が無償で提供されています。
“確定申告特集” 何てまさにちょうど今の季節のものですね。

さてここで今回提供が開始されたのが、”自宅学習時間割” という PowerPoint 向けのテンプレート。コロナウィルスのために学校がお休みになっている小学生などをターゲットにしたひな形です。

自宅学習 時間割

PowerPoint テンプレートのダウンロード“ をクリックしてPCに保存します。pptx 形式なので、ダウロードしたものをダブルクリックすると PowerPoint が起動してテンプレートが表示されます。

上記のようにサンプルが入力されたものと、空のものの2ページから構成されています。
今回のコロナウィルスにあたって、休校になったための自宅学習用に作成された PowerPoint のテンプレートではありますが、それだけではなく、春休み、夏休み、冬休みなどのお休みの間の、自宅学習のスケジュール表としても活用できるものです。

ぜひ活用してみてください。

<参照>

新型コロナウイルスに対応するお客様に向けたマイクロソフトの支援
在宅学習をサポートする時間割テンプレートを『楽しもうOfficeで配布開始』
楽しもう Office

Microsoft Edge の自動配信が延期!

コロナウィルスの影響で、確定申告の期限がひとつき延期になりました。あ~よかった!と安どの思いでいたら、実はこれに伴い、本来4月以降に自動配信される予定だった、新しい Microsoft Edge の自動配信が 4月17日以降に延期になりました。

もちろんすでにご存じの方も多いかと思います。

実は、パソコンのツボ本館でも取り上げたのですが、この発表がされる直前ですが、Windows 10 Release Preview 版に本来来ないはずの、新しいMicrosoft Edge が自動配信されてきました。

新しいMicrosoft Edge の自動配信がスタートしている?

上記のブログの中でも取り上げておりますが、更新プログラムが、”KB4541302” というプログラムになります。

自動配信されると削除ができなくなる】

現在はまだ自動配信されておりませんので、仮にインストールしても 設定>アプリ>アプリと機能 とたどれば Microsoft Edge がありますので、クリックすればアンインストールが押せるようになっています。

ただし自動配信がスタートすると、今回、KB4541302 が当たった時のように、この更新プログラムを削除することも、また Microsoft Edge を削除することもできなくなります。

【旧Microsoft Edge を残しておきたい場合には】

やはり本館でも以下のようにご紹介させていただいておりますが、

New Microsoft Edge の配信がスタート! Part 4
Blocker Toolkit を実行する
Blocker Toolkit 実行する Part 2

事前に Blocker Toolkit を利用するなどして、自動更新されないようにする必要があります。
自動更新はまだ先… ではありますが、何かの間違いで、来ないはずの更新プログラムが来てしまうこともあるようなので、注意してください。

ちなみに、今回更新されてしまったPCは、いったんリカバリをして、再度、Release Preview に戻しましたが、現在は更新プログラムは配信されてきておりません。

それからすると何かの間違いだったのかもしれませんが….

<参照>

新しい Microsoft Edge へのアップグレード