タグ別アーカイブ: ストアアプリ

ストアアプリ版の Office について(まとめ)

パソコンのツボ本館の方で、これまでに何度か、ストアアプリ版の Office について取り上げさせていただきました。

別館ではこれまで取り上げた記事を整理してみました。

  1. 2018/5/24 ストアアプリ版 Office “Office Centennial”
  2. 2018/6/1 ストアアプリ版 Office が増えつつある?
  3. 2018/7/31 ストアアプリ版の Office 2016 を修復する Part 1
  4. 2018/8/1 ストアアプリ版の Office 2016 を修復する Part 2

2回目に取り上げた際に、2017年秋に提供が開始された、Windows 10 Fall Creators Update  が搭載されたPC以降には、Office 製品としてプレインストール版でついてくるものは、このストアアプリ版にシフトしつつあることもご説明しました。

ストアアプリ版の Office 製品は、インストールの方法、更新(アップデートの方法)が、これまでのプレインストール版で提供されていた Office Premium シリーズ以前のものとは異なります。

Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 (Centennial) での開発 – その1 – (DLL の読み込み)

また、Japan Office Developer Support Blog にもあるようにストアアプリ版ならではの問題もあり、あえてストアアプリ版を削除して、C2R版のインストールを推奨しているソフトメーカーなどもあったりします。

ストアアプリ版では対応できない一例:

  1. PCAソフトではストアアプリ版Office2016は正常動作いたしません/PCA:会計ソフト関連
  2. デスクトップアプリ版 Office への移行のご案内/福井コンピュータ:CAD関連
  3. ストアアプリ版Office2016の対応について/セルズ:会計ソフト関連
  4. Windows10プレインストール版のOffoce2016ご利用の場合、エスミ製品が動作しない場合があります/エミス:統計ソフト関連
  5. 「Microsoft Office ストアアプリ版」をご利用のお客様へ/アイサンテクノロジー:建築関連

特に多方面で連携されて利用されるケースの多い Excel については、上記で紹介したような、会計関連ソフトやCAD・測量など建築関連ソフトでの影響もあるようで、ストアアプリ版のOffice 利用者には、C2R版のOfficeへの入れ直しを案内しているようです。

業務用の専用のソフトではありますが、こうしたソフトをご使用で、うまく動作しない場合には、ご利用のソフトの仕様などをご確認いただき、さらにはご利用の Office 製品がストアアプリ版なのか?どうかも確認してみてください。そしてソフトメーカーなどにもご確認いただくことをお勧めいたします。

 

<参照>

Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 (Centennial) での開発 – その1 – (DLL の読み込み)/Japan Office Developer Support Blog

 

ストアアプリの動きが怪しいぞ?と思ったら、入れなおした方がいい

Windows 10 のストアアプリ。

これまでにも、Anniversary UpdateCreators Update があって、さらにこの秋には、Fall Creators Update が予定されています。

Windows 10 に間もなく追加される機能

まだうちのPCにも、Creators Update さえ落ちてきていないので、Fall Creators Update のことを見てもピンときませんが、こうして新しくなった際、あるいは使っているうちに、何らかの理由でプログラムの動きが怪しくなることがあります。

Microsoft Edge の動きがおかしい(新しタブをクリックしてもタブができないなど)、フォトなどのアプリが何らかのエラーが出て、あるいはエラーも表示されず起動できずに終了してしまうなど様々なケースがあるかと思います。

そんな場合には、そうしたストアプリを削除して入れなおすことになります。

ただしストアアプリと呼ばれる、Windows 10 標準搭載ストアアプリの場合には、プログラムのアンインストールでは削除ができません

慣れない方にとってはちょっと敷居が高いのですが、”Windows Power Shell” というプログラムを ”管理者として実行 して行う必要があります。

今回はこの操作についてご紹介します。

 

— Windows Power Shell を管理者として起動する

1) スタートボタンの脇にある “ここに入力して検索“ のところに、”powershell” と入力すると、PowerShellのプログラムの検索結果が表示されますので、右クリックして、”管理者として実行“ を左でクリックして開きます

2) ”このアプリがデバイスへの変更を許可しますか?” と聞いてきますので、”はい” をクリックして進みます

3) Windows PowerShell が起動しました

 

— コマンドを入力

さてここからが本番です。コマンドを入力となると結構大変です。以下のMicrosoft コミュニティのWiki記事の中で、各アプリの削除用コマンドが表示されていますので、それをコピーして、Windows PowerShell の画面に貼り付けるだけで OK です。

コマンドの一覧

貼り付けるだけで OK と聞けば多少気持ちも軽くなるかもしれませんね。

 

1) まず、コマンドの一覧から該当のプログラムの、”削除用 PowerShell コマンド” をドラッグしてコピーします(以下は、メールアプリの場合の例)

2) 続いてPowerShell の画面に右クリックなどで、貼り付けます。あとは、Enterを押して、削除が終わるまで待ちます

3) 削除が終わったらいったん、PCを再起動。

4) 再起動後、ストアアプリを開いて、削除したアプリと同じ名前を検索して表示し、購入をクリックしてインストールを開始します

 

インストールが完了すれば終了。これで再度アプリを起動して動作を確認します。

Microsoft Edge もこうしたストアアプリと一緒ではありますが、実はちょっと面倒な部分もあります。事前にサービスを停止したり、フォルダを削除したりしたのち、PowerShellで削除する。

この Microsoft Edge の再インストールについては、 パソコンのツボ(本館) の方で紹介していますので、そちらの記事を参考にしてみてください。Microsoftコミュニティにも Wiki 記事として紹介されているものもありますので、併せてご参照ください。

Microsoft Edge を再インストールする/パソコンのツボ

 

 

【参照】

Windows 10 に搭載されているアプリを再インストールする方法/Microsoftコミュニティ

Microsoft Edge の起動に失敗した場合の復旧方法

Microsoft Edge を再インストールする/パソコンのツボ