カテゴリー別アーカイブ: Onlineサービス

デザインの基本になる「フォント」 Part 1

  • Word で文書を作成する
  • PowerPoint でインパクトのあるスライドを作成する
  • Publisher でチラシやPOPを作成する

日頃、何気なく使っているPCですが、Word や PowerPoint で文書を作成したり、資料を作成したりする中で、一番身近なデザイン・アイテムって “フォント” ですよね?

もちろん全体の構成やら、画像や図形などのオブジェクト、そしてそれをどう配置するか?といったセンスも大事ですが、そのすべての基本になるのがそこの並べられた文章であり、そしてそれを構成する “フォント” です。

今回はこのフォントについて取り上げてみました。

【フォントって、いくつぐらいインストールされていますか?】

現在ご使用のPCにインストールされているフォントっていくつぐらいありますか? フォントって、Windows や Mac などの OS(Operating System:オペレーティングシステム)最初からついているもののの他、Microsoft Office であったりすると、Office 製品についているフォントもあったりしますし、年賀状作成ソフトなどにも、様々な毛筆体などがついてきたりしてますので、PCを購入して使いだしている段階でもそれなりにフォントはPCにインストールされていたりするものです。

スタート>個人設定>フォント
あるいは
エクスプローラ―を起動し、
Cドライブ>Windows>Fonts
と開くと、そのPCにインストール済みのフォントを確認することができます。

PCを買い替えたら、あのフォントがこのPCには入っていなかった…何ていう経験をされた方も多いことでしょう。フォントも立派なソフトの一つで、著作権もあるし、ソフトウェアとしてパッケージでも販売されていたりもします。
もちろんインターネット上でも検索すると、無料で利用できるフォントから、有償のものまでさまざま。無料のものであっても、その利用規約によっては、商用利用可能なものから個人利用に限定されているものまで様々です。

ですから無料で配布されているフォントだからと言ってどんな使い方をしてもいいというわけではありません。インターネットなどで検索してダウンロードされる方は、くれぐれもご注意ください。

【Google の提供しているフリーフォント】

さて今回ご紹介しようと思っていたのは、こうしたフォントの中で、Google が提供する「Google Fonts」。Google さんは、フォントまで無償で提供しているんですね。

Google Fonts

上記にアクセスしていただければお分かりいただけると思いますが、”Language” のところを、”Japanese” にするだけで、日本語用のフォントが、50書体以上あることがわかりますね。もちろん、日本語以外のフォントはもっと多数あります。日本語の場合、漢字に、ひらがな、カタカナ、数字に、アルファベットと必要な文字数はかなりの数に上りますので中々無料で提供されているフォントは少ないですし、有償のものでも利用可能な感じというのも教育漢字や、第一水準、第二水準などある程度利用できる漢字の数には制限があったりもします。
漢字については取り上げたらきりがなく、以前は私も利用したことがありますが、”今昔文字鏡” といったツールがあって、これに至っては、10万字以上の漢字を扱っていたりしてました。興味のある方は、一度 “今昔文字鏡” で検索してみてください。

さてそんな文字数の多い日本語フォントなので、Google Fonts で提供されているフォントも日本語はさほど多くはないものの、それでも50書体もあるのですから有効に活用したいですよね?

Part 2 では、この Google Fonts についてご紹介していきます。

<参照>

Google Fonts
Windows 10 によってインストールされるフォント/Adobe

「はがきデザインキット2022」で年賀状を作成する

年賀状シーズン真っ只中。年賀状にバタバタされている方も多いかもしれませんね。パソコンのツボ本館でも今年の ”はがきデザインキット2022” についてご紹介しましたが、別館ではテンプレートを使わないパターンでの作成方法をご紹介します。

今年の “はがきデザインキット2022” は、Web版とスマホ版のみ Part 1
今年の “はがきデザインキット2022” は、Web版とスマホ版のみ Part 2
今年の “はがきデザインキット2022” は、Web版とスマホ版のみ Part 3

基本的な使い方は、本館でご紹介している方法で問題ないわけですが、真っ白な紙に、好きなイラストや文字を配置してオリジナルのデザインを作成したい場合などちょっとわかりずらいところもありますので、オリジナル作品を作る上で便利な素材サイトも含めてご紹介いたします。

【テンプレートを使わないで作成する】

テンプレートは非常に便利ではありますが、題字があまり好みでなかったり、そこに入っている文章が今一つな感じだったりして、自分が作成する上で今一つ気に入ったものがないケースも多々あります。
そんな場合、白紙から題字やイラスト、文章を入れて作成…ということになるわけですが、現在のはがきデザインキットには、何もデザインされていない、いわゆる ”白紙” の類のものがありません。


さらに言えば、イラストの場合でも、背景を活かしてきれいにフチなしで印刷したい….それもできません。上記の画像にもあるように、イラストのみのテンプレートを選択すると、”普通紙で作る(フチあり)” しか選択できず、またテンプレートを選択して編集画面に入ると、イラストの追加はできず、さらに文面をちょっと変更する程度にとどまってしまいます。

— 白紙のテンプレートとして写真用のテンプレートを使用する:

フチなし印刷、そして好きなイラストや文字を利用して作成する場合には、”全面写真” のテンプレートを利用します。

すると上記にもあるように、全面写真の、縦・横用のテンプレートが表示されます。このテンプレートであれば、”写真用紙でつくる(フチなし)” が選択可能です。そしてクリックして進むと、写真の追加する画面になります。

— 素材はあらかじめ用意しておこう!:

ちょっと順番は逆になりましたが、実際の作業は上記までのような工程で進むわけですが、作成にあたって予め素材は別途用意する必要があります。インターネットで検索するといろいろなものがありますが、お勧めはプリンターメーカーの提供する素材。プリンターメーカー各社ともに、自社のプリンターを活用してもらおうと様々な素材を提供しています。今回ちょっと便利だな?と思ったのが、ブラザーのサイト。

年賀状特集 2022/ブラザー

年賀状以外にも、この季節にも利用できる クリスマスカードなどの素材も提供してくれているので、便利かもしれませんね。今回はこちらの素材を利用して、年賀状を作成してみます。

素材を選択して、ダウロードしておきます。保存先は指定していない場合、通常はダウンロードフォルダに保存されますので、保存したけど画像が見当たらない~という場合には、ダウンロードフォルダをご確認ください。

— いざ作成!:

さて順番が前後しましたが、ここからが作成作業になります。

全面写真のテンプレートで、今回は縦用のものを選択してみましたが、”ファイルを選択する” をクリックして、保存されている場所から画像をクリックし、開くとクリックすると画像が挿入されます。

挿入された画像の大きさや、位置を調整し、問題なければ →をクリックして進みます。

続いてメッセージの入力画面。”メッセージを新規追加する” をクリックすると入力枠が表示されます。簡単なメッセージや、デザイン面に自分の住所や名前などを入力する場合にはこちらで作業をします。そして完成したら、→をクリックして進みます。

最後は確認の画面。実際に印刷を郵便局に依頼する場合には、ここで表示される赤枠の部分には注意も必要かもしれませんが、ご自分で印刷する場合には特に問題ないので、そのまま “保存する” をクリックして終了です。

— 印刷する:

保存する” をクリックすると、テンプレートの選択画面に戻ります。先ほど保存したデータは、”マイデザイン” をクリックして呼び出します。

そして “自宅プリント” をクリックします。画面をスクロールして、”利用規約に同意する” をクリックすると、”PDFダウンロードに進む” がクリックできるようになります。

PDFダウンロード機能” のところでは、”デザイン面のPDFを生成する” をクリックすると、以下の画像の手順で、PDFファイルのダウンロードができるようになります。

この後印刷で注意したいのは、ダウンロードしたPDFファイルを印刷するわけなので、年賀状作成ソフトの様に自動的に用紙サイズをハガキにしてくれません。
印刷の際には、プリンターのプロパティなどから、用紙サイズをハガキに変更してご利用ください。

また自宅プリントではなくて、コンビニプリントなども選択できます。何らかの事情で、プリンターが利用できない場合にはコンビニ印刷も可能です。

はがきデザインキット2022” 上手に利用したいですね。

<参照>

はがきデザインキット 2022
年賀状特集 2022/ブラザー

コンビニのマルチコピー機でPDFファイルが印刷できない

出先で、どうしてもメールで送ってもらったPDFファイルを印刷しないといけなくなった時や、自宅で作業をしていて、いざ印刷しようとしたらプリンターが故障して印刷ができない….

そんな時に便利なのがコンビニのマルチコピー機。コンビニによっても印刷できるものも多少違うと思いますが、PDFファイルやJPGEの画像などは、たいてい印刷は可能でしょうし、最近は24時間開いているところも減っているかもしれませんが、夜遅くまであいてたりするので、いざという時には非常に助かるものです。

そんなコンビニのマルチコピー機で、PDFファイルを印刷しようとしたらバージョンが古いからバージョンあプしないとダメとなって、エラーになって印刷ができないケースがあります。今回はそんなトラブルの事例をご紹介します。

【PDFファイルのバージョンが古い?】

セブンイレブンを始め、ファミリーマート、ローソンといったコンビニ大手のマルチコピー機では、PDFファイルは問題なく印刷できるようですが、今回の事例は、セブンイレブンのマルチコピー機でPDFファイルを印刷しようとしたら、PDFファイルのバージョンが古いのでバージョンアップしないと印刷ができないとエラーになった事例です。

— PDFファイルにもバージョンがある:

最近は、Adobe Acrobat を利用しなくても、様々なソフトがPDFファイルへの書き出しの機能を搭載していたりするので、以前よりだいぶ気軽にPDFファイルを利用できるようになりました。

PDFファイルに書き出すには、PDF Print Engine というPDFへの書き出しをするためのレンダリングエンジンが必要になるわけですが、これ自体も古いものから新しいものまでありますので、PDFへの書き出しに対応したアプリにどのバージョンと互換性のあるエンジンが搭載されているか?によって、生成されるPDFファイルのバージョンが異なります。
PDFバージョン(種類)一覧” というサイトで確認させてもらうと、Adobe Acrobat Reader との関連で紹介されていますが基本的には、Adobe Acrobat と置き換えてもいいと思いますので….

  • Ver.1.2 → Acrobat 3
  • Ver.1.3 → Acrobat 4
  • Ver.1.4 → Acrobat 5
  • Ver.1.5 → Acrobat 6
  • Ver.1.6 → Acrobat 7
  • Ver.1.7 → Acrobat 8

などのようになっています。それ以降、PDFフォーマットについては、Ver.1.7 をベースに ISO 3200-1 として標準化されているようです。

— PDFファイルのバージョンを確認する:

ファイルバージョンは、Adobe Acrobat Reader DCなどを使って簡単に確認できます。

Adobe Acrobat Reader DCにて、該当のPDFファイルを開き、ファイル>プロパティ とクリックします。そうすると、詳細情報のところに、PDFファイルのバージョンが表示されます。

【コンビニのマルチコピー機にも対応できるバージョンがある】

当然ながら、コンビニ設置されているマルチコピー機にも対応可能なバージョンがあります。例えば以下の例は、セブンイレブンのマルチコピー機の例です。

セブンイレブンのマルチコピー機の場合、PDFでは、Ver.1.3~1.7 が対応バージョンのようです。3枚目の画像はローソンのコピー機ですが、こちらも同様でした。
つまりそれより古い、Ver.1.2 とかだと印刷ができないわけですね。実際にエラーになって、バージョンアップするように求められるようです。

— PDFに書き出すソフト:

業務用の見積書や請求書を作成するようなソフトで、PDFに書き出す機能があったりするものなどの場合、これが古かったりすると、生成される PDFファイルのバージョンが古いなんてことになります。

ちなみに、Microsoft Office 製品で、PDFファイルに書き出した場合には、Microsoft 365 Personal などであれば、Ver.1.7 として書き出されるようです。なのでよっぽど古いサポート期限が切れているようなものでない限りは問題ないはずです。

— 古いバージョンをバージョンアップするには?:

幸い、Windows 10 などであれば、仮想プリンターとして、Microsoft Print to PDF というPDFへ書き出す機能が搭載されています。

なので、Microsoft Edge や、Adobe Acrobat Reader DCなどで、PDFファイルを開いて、印刷の際に、プリンター名を “Microsoft Print to PDF” に変更し、改めてPDFファイルとして書き出ししてあげれば、Ver.1.7 のPDFファイルにすることも可能です。

こうして改めて書き出せば、コンビニのマルチコピー機でも印刷が可能になります。

<参照>

もっと便利に!マルチコピー機/セブンイレブン
マルチコピー機/ファミリーマート
新型マルチコピー機について/ローソン
PDFバージョン(種類)一覧/CMAN

Yahoo メール、POPでの外部メール受信機能が5月31日で終了

Yahooメールや、Gmailなどのサービスには、Yahooや Gmail 以外のプロバイダーなどのメールなどを Yahooメール や Gmail でも一括して受信して見られるようにするために、外部メールの受信機能があります。

今回、Yahooメールでは、POP形式による外部メール受信機能の提供が終了することになりました。

【新規追加はすでに停止】

すでに新規に追加することは、2021年2月28日をもって終了しており、追加できなくなっております。
なので影響を受ける方は、今まで利用されていた方のみです。

終了日: 2021年5月31日

現在ご利用の方は、6月1日以降くれぐれもと注意ください。

代表的なプロバイダーのメールサービスを利用の場合には、Yahoo側にPOPとして設定するのではなく、プロバイダーのメールサービス側でメール転送などを利用するようにとの対処法が紹介されております。

<参照>

POPでの外部メール受信機能の提供終了について
POPでの外部メール受信機能の提供終了後のご利用について

Office を活用し、楽しみ、そしてその新しい機能を習得する

前回、Microsoft 365 の新しいラインナップをご紹介いたしましたが、今回は改めて、Microsoft Office を活用し、楽しみ、そして、その新しい機能を習得するのに役立つ “楽しもう Office” のサイトをご紹介いたします。

  • Word や Excel、PowerPoint が入っているの何となく活用しきれていない…
  • Word や Excel の使い方が、本を見ても今一つ理解できない
  • 家計簿をつけてみたいけど、どうやって作ったらいいのかわからない
  • アルバイトや、就職活動に履歴書や職務経歴書を作らないといけないけど作り方側からわからない などなど

お悩みは千差万別…. そんなお悩みに答えてくれるのがまさに “楽しもう Office” というサイトになります。

Officeの新機能Office製品ラインナップはじめようOffice、そして Office テンプレートといった内容で構成されていて、Office 製品を楽しく活用してもらうためのサイトです。

– ”楽しもう高校生活!テンプレート”:
現在春を迎えて、高校生に向けて楽しいテンプレートが公開されています。もちろん高校生だけではなく大学生編もあります。

もちろんそれ以外にも、小学生向け、一般向け、教員向けなど、様々なテンプレートが用意されていますので、これらの豊富なテンプレート、ぜひご活用ください。

楽しもう Office キッズ
は、小学生以下のお子様向けのコンテンツとなっています。

–今さら聞けないこと、動画で勉強したい方向けのコンテンツも:

使い方を確認したい、具体的な操作方法を確認したい….
そんな方には、”今さら聞けない Office のキホン” 。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そして、Outlookの各製品の基本的な使い方が動画などで確認することができます。最新のXLOOKUP関数についても動画で学習することが可能です。

楽しもう Office” 是非ご活用ください。

<参照>

楽しもう Office

Word や Excel、PowerPoint などを勉強したい…という方のためのオンラインコンテンツ

Microsoft が提供しているオンラインコンテンツ。多岐にわたって様々なものが用意されています。
前回、様々な情報がTwitterなどから配信されていることをご紹介しましたが、今回は、Microsoft が提供しているオンラインコンテンツをご紹介します。

Office 365トレーニングセンター” にアクセスしていただくとお分かりいただけますが、上部の各アプリのアイコンをクリックすると、Word や Excel といった、各アプリの基本的な使い方が、動画などで紹介されています。

さらにもう一歩進んで、ビジネスにも利用できるもっと高度な内容を学習したいという方向けには、こちらは有償ではありますが、LinkedIn Learning でのオンライントレーニングなども紹介されています。
中々パソコンを学習する時間がない。ビジネスに直結するような内容を学習したい。そんな方は、こうした有料コンテンツをご利用いただくことも可能です。
詳細は、以下の、”Office のヘルプとトレーニングにようこそ” などから直接ご覧になってみてください。

<参照>

Office 365の基本ービデオトレーニング
Office 365トレーニングセンター
Office のヘルプとトレーニングにようこそ

Flash Player がはいっていてもコンテンツが実行されない

先日こちらでも取り上げた

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

の記事の続報です。

Flash のコンテンツを利用したサイトで、Flash コンテンツのところには、上記のような画像が表示されるようになりました。

もちろん Microsoft Edge や、Google Chrome などのブラウザには、Flash のコンテンツを一旦ブロックする機能がある関係上、一旦ブロックされるといった表示になりますが、それをクリアすれば従来であれば、Flash のコンテンツは実行できました。

先日もご案内したように、ついに 1/12 より、Flash Player 自身が、Flash コンテンツを実行しないようになり、上記のような画像が表示されるようになりました。

画像をクリックすると、”Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ” に誘導されます。

ついに Flash が終わった…. ってことですね。

<参照>

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

Yahoo メールが送受信できない!

送受信できないといっても、今送受信できないというのは、今回のものに該当しませんから、メールの設定を確認してください。

さてここからが本番です。Yahooのメールアカウントをご利用の方、恐らく大勢いらっしゃるかと思います。
そのメールアカウントを、OutlookやThunderbird、メールアプリなどでご利用の方は、2021年1月19日以降ご注意ください。

1/19以降 Yahooメール を メールソフト に設定されている方は注意!

変更内容など設定については、パソコンのツボ本館でもとりあげましたので、上記サイトにアクセスするか? Yahooのお知らせをご覧ください。
本変更については、2020年8月に既に告知されていたもので、その実施が、2021年1月19日となっているものです。

<参照>

1/19以降 Yahooメール を メールソフト に設定されている方は注意!
Yahoo!メールをより安全にご利用いただくためのメールソフト設定(送受信認証方式)変更のお願い

Flash Player が Flash コンテンツをブロックする?

“パソコンのツボ” 本館で先ほど取り上げた内容なのですが、ある意味ちょっと衝撃的な内容だったので、こちらでもご紹介させていただくことといたしました。

【Flash Player アンインストールのメッセージ】

PCを起動したら Flash Player の削除を促す画面が表示されたっていう記事は、以前こちらでもご紹介しました。

こんな画面が出てたんですね。もちろん、2020年12月31日をもってサポートが終了することは、何度も取り上げていたのでわかっていたわけですが、今回はこのメッセージにさらに一文が加わっておりました。

上記をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、”2021年1月12日より、Flash Playerでは Flash コンテンツが実行されなくなります” っていう一文。そして “Adobe Flash Player サポート終了情報ページ” へのリンクを開いてみると…. ”2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックします” とあります。

サポート終了後も、何とか? Flash コンテンツを実行しようと模索されている方も多いようですが、仮に入っていても 1月12日以降は実行できなくなる…. そうなりそうです。

もっとも入っていても実行できなければ意味がないし、また実行できないコンテンツを提供しても意味がないので、こうなるとアンインストールや、コンテンツのリメイクを推し進めることにもなるのかもしれません。

Adobe Flash Player の最後、結構衝撃的な?終わり方になってきましたね。

<参照>

Flash Player が Flashコンテンツを実行しなくなる?
Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって、筆ぐるめで住所録が作成できない

年賀状シーズン真っ只中。現在も、悪戦苦闘されていらっしゃる方も多いかと思います。

“パソコンのツボ” 本館でも、ここ最近は 年賀状関連記事へのアクセスが非常に多くなっています。中でも、毎日100名以上の方がアクセスしているのが以下の記事。

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって住所録を作成できない【筆ぐるめ】

年賀状作成ソフトって、多くのケースでは起動するのも年にこの時期だけという方も多いかと思います。いざ住所録を開いて年賀状を作成しようとしたら、住所録がなくなっている….
ならば仕方ないからあきらめて最初から作成してみるか?と腹をくくって、新規に住所録を作成しようとすると今度は、”このドライブでは住所録を作成することができません” となって、作成もできない….
さて年の瀬も押し迫って、この期に及んでこんな状況になってどうしよう??ということで、ググったりして、ブログにたどり着いているようです。

【バージョンに関係ない】

本館の中でも紹介していますが、このエラーは、どうもバージョンに関係なく発生しているようです。上記の記事も、2015年10月08日に UP したものですが、この時期に限って、毎年アクセスが多い記事になります。
このエラーでお困りの方は是非、上記リンクより対処法をご確認の上お試しください。

【Mac ユーザーのための “はがきデザインキット”】

さてもう一つ、最近アクセスが多いのが、”はがきデザインキット” に関連した記事です。

— “はがきデザインキット” とは?:

“はがきデザインキット” は、日本郵便が無料で提供している年賀状作成ソフトです。例年であれば、インストール版、Web版、そしてスマホ版と提供されていましたが、今年は、”インストール版” と “スマホアプリ版” が用意されています。
基本的な機能(住所録の管理と、通信面の作成)はカバーしているので、必要最低限なものはこれでクリアできます。
さらに、スマホ向けには “手作り風はんこ作成ツール” や “干支似顔絵作成ツール” 何ていうものも用意されていたりします。
もちろん自宅のプリンターで印刷することもできれば、”コンビニはがきプリント” にも対応しているなど中々使い勝手もいいものです。

— Mac で利用するには問題も:

そんな “はがきデザインキット” ですが、Windows をご利用の方は特に問題なくご利用いただけますが、Mac をご利用の方は注意が必要です。

一応、”よくあるご質問” のところにもありますが、macOS 向けには、OS10.7以上、OS10.14 以下となっています。さらに、”インストール版” の画面に入って、”インストール版の使い方に困ったら” のところに、”MacOS Catalina環境におけるインストールについて” とあって、”現在、Adobe AIR がMacOS Catalinaに対応していないため、デザインキットインストール版がご利用いただけない場合があります” と。
でも世の中の macOS は、この秋には、macOS11.0 Big Sur が登場しており、Catalina どころか、すでにその次になっています。じゃあ、Catalina も、そして Big Sur だとダメなのか? と試したのが、次の記事でした。

macOS 11.1 Big Sur に「はがきデザインキット2021」をインストールする

こちらの記事へのアクセスも、ここ最近は増えています。昔は、mac ユーザーと言えばあまりこんな年賀状作成ソフトを利用される方は多くなかったんですが、昨今は、意外と多いんですね…

といことで、”パソコンのツボ” 本館の年賀状ネタで、最近アクセスが急増している記事をご紹介しましたが、こちらのブログをご覧になった方も是非参考にしてみてください。

<参照>

“このドライブでは住所録を作成することができません” となって住所録を作成できない【筆ぐるめ】
macOS 11.1 Big Sur に「はがきデザインキット2021」をインストールする
はがきデザインキット/日本郵便