カテゴリー別アーカイブ: インターネット

Windows 11 を装ったマルウェアにご注意!

Windows 11 は、Microsoft が次期OSとして投入する予定の新しいWindows製品です。

こちらのブログでも、また本館でも時々ご紹介していますが、この新しいOSは、まだ一般向けには提供されておりません。

そんな中、早くもこの新しい Windows 11 を装った、マルウェアが登場し拡散しつつあるようです。セキュリティソフトベンダーのカスペルスキーが提供しているブログの中で紹介されておりました。

現在、Windows 11 をご利用いただけるのは、Windows Insider Program に登録して かっ発(Dev)チャンネルをご利用のユーザーのみになります。

Windows Insider Program には誰でも参加できるのか?:

もちろんどなたでも参加は可能です。しかし、Insider Programの趣旨をよく理解した上で参加していただく必要があります。

  1. インストールやトラブルへの対処(リカバリなど)すべてご自身の責任で自分で行えるだけのスキルは最低限必要になります。
  2. 業務用のPCなど、日常の利用に影響を及ぼさないPC(環境)を用意し、利用する必要があります。
  3. Insider Program には、比較的製品に近いリリースプレビューチャンネルベーターチャンネル、そして今回 Windows 11 が提供されている 開発(Dev)チャンネルの3つがあり、開発チャンネルはその中で最も技術が求められるものになります。
  4. そして何よりも、Insider Programは、その抱える問題を多くの様々な環境で検証してもらって、その結果をフィードバックすることで、今後製品が世に出るにあたってよりいい状態でリリースできるようにお手伝いするためのものです。その為に、ユーザーを募って事前に配布されているものであることをご理解ください。単に、フリーでWindows 11 がいち早く使えるよ?という趣旨のものではありません。
  5. その他詳細は、Windows Insider Program のサイトをご参照ください。

当然ながら、Microsoft 以外の関係のないサイトからダウンロードできるものではありませんのでくれぐれもご注意ください。

まぁそれにしても、新しいものが出れば、すぐにこうしてだまそうという輩も出てくるわけですね….

<参照>

Windows 11を安全に手に入れる方法/カスペルスキー
Windows Insider Program
フライティングの詳細/Windows Insider
フライティングを理解する/Windows Insider

定期的に配信される “悪意のあるソフトウェアの削除ツール”って何?

本日は、Windows Updateの日。ってことで、今日も朝から Update をスタートさせています。

さて Windows Update をかけた時に “悪意のあるソフトウェアの削除ツール” 何ていう項目を見かけたことはありませんか?
更新プログラムとかと違い、さらに “悪意のあるソフトウェアの削除” 何てあると、何だろう??って。さらには、これって時々失敗したりもします。でも一度失敗すると次には出てこなかったりする。これでいいの?って。

以前にも一度、パソコンのツボ本館の方でも取り上げました。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール/パソコンのツボ(本館)

古い記事ではありますが内容的には現在も変わりませんので、本館の記事も参考にしてみてください。

【”悪意のあるソフトウェア削除ツール” とは?】

とは言え、一応簡単にご紹介しておきます。

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

上記のサイトをご確認いただければ一目瞭然。MSRT(Malicious Software Removal Tool)と呼ばれるもので、”特定の悪質な脅威を検出して削除し、行った変更を元に戻します” というためのツールです。ただしすべてのものが対象ではなく、”対象のマルウェアファミリ” のリンクをクリックすると表示されますが極めて限定的なものです。

なのでこの説明(「MSRT とウィルス対策製品の違い」)にもありますが、”MSRT はウイルス対策製品に代わるものではありません” とあるようにセキュリティソフトに変わるものではありません。その働きの違いについては、”詳細情報” をご参照ください。

【Windows Update で失敗したら?】

基本的にしっかりウィルス対策もできていれば、失敗して検出されなくなったのであればインストールしなくてもいいのかな?と個人的には思っていますが、どうしても Update がきちんと終わっていないと気になるという方は、同サイトより直接ダウンロードも可能です。

上記の画像にもあるように、” Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830) ” より直接ダウンロードすることが可能です。

今回ご紹介している “悪意のあるソフトウェアの削除ツール” のみ Update に失敗しているだけであれば、特別気にしなくてもいいとは思いますが、他の Update などすべて失敗しているようであれば、何か別の問題になるので、対策は必要になるかと思います。

<参照>

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

Windows 11 に向けて公開されている様々な情報

日本時間 6月25日0時から開催された Microsoft のイベントで発表された “Windows 11″。それ以降、Microsoft も当然ですが、様々なメディアから情報が発信されていています。

今回、Microsoft から発信されている Windows Blogs など、どんな情報が発信されているのか整理してみました。US版の情報および、その日本語訳された情報など様々なものがありますが、基本的には US版の情報の方が早く公開されているので、そちらのリンクが多めになります。

<Windows Blogs> -US版

<Windows Blogs for Japan> – Windows Blogs の日本語版

<Windows Insider>

<Docs>

<TechCommunity>

<YouTube>

YouTube の Windows チャンネルには、6/25のイベントの動画などもあったりしますが、この短時間にずいぶん情報が発信されてたんだな?とつくづく思います。

Outlook チームが、Teams用の背景を無償提供中!

現在、TechCommunity の Outlook チームのブログでは、Microsoft Teams 用の背景画像を無償で配布しています。

全部で5種類。Office のロゴなどをあしらった Microsoft Teams用の背景画像です。

New Outlook and Office themed backgrounds for Teams meetings

どなたでも無料でダウンロードしてご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

さて次の Windows はどうなる?

先日、今月の24日に次期 Windows に関するオンラインイベントが開催されることが発表されました。

ちょうど先日、Windows 10 May 2021 Update Ver.21H1の配信がスタートて半月ぐらいたったところでの発表。

Windows 10 もその登場が、2015年7月ということからすると、もう10年になるんですね。その内容については、6月24日になってみないと分かりませんが、このイベント注目していきたいと思います。

イベント開催日時: 2021年6月25日 日本時間 0:00~1:00

<参照>

Join us to see what’s next for Windows

Yahoo メール、POPでの外部メール受信機能が5月31日で終了

Yahooメールや、Gmailなどのサービスには、Yahooや Gmail 以外のプロバイダーなどのメールなどを Yahooメール や Gmail でも一括して受信して見られるようにするために、外部メールの受信機能があります。

今回、Yahooメールでは、POP形式による外部メール受信機能の提供が終了することになりました。

【新規追加はすでに停止】

すでに新規に追加することは、2021年2月28日をもって終了しており、追加できなくなっております。
なので影響を受ける方は、今まで利用されていた方のみです。

終了日: 2021年5月31日

現在ご利用の方は、6月1日以降くれぐれもと注意ください。

代表的なプロバイダーのメールサービスを利用の場合には、Yahoo側にPOPとして設定するのではなく、プロバイダーのメールサービス側でメール転送などを利用するようにとの対処法が紹介されております。

<参照>

POPでの外部メール受信機能の提供終了について
POPでの外部メール受信機能の提供終了後のご利用について

開封確認を要求するAmazonのフィッシングメール

Amazon のアカウントを搾取するために送られてくるフィッシング詐欺メール。

相変わらず減りませんね。
もちろんメールを開いても、基本的には、リンクをクリックしてアカウント情報を入れたりしなければそれ以上のことになならないのですが、この Amazon を騙るフィッシングメールに新たなパターンが….

メールを開いてみると、 “開封確認”を送っていいか?というポップアップが….

どうやら、開封確認を要求するようなフィッシングメールも出回っているようです。要はそのメールがちゃんと届いているのかを、敵も知りたがっているってわけですね。

そんなメールを開けて、開封確認の通知を送るかどうか?聞いてきても絶対に送信などしないで削除してください。

<参照>

AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける
Amazonを装った迷惑メールの見分け方と3つの対処法/Norton
Amazon関連のよくある詐欺/カスペルスキー

Microsoft Office のアカウント情報を盗もうとするフィッシングメール

Amazon、Rakutenなどの大手サイトやクレジットカード会社を騙るフィッシングメールは後を絶ちませんが、今回、大手セキュリティソフトベンダーでもあるカスペルスキーのレーポートによれば、Microsoft Office のアカウントへのサインインを求めるフィッシングメールが横行しつつあるようです。

レポートによれば、Microsoft Office のログインページに似せた Web サイトに誘導してログインさせて情報を搾取しようとするもののようです。

以前からあったようですが、その手口は年々進化してきているとのこと。くれぐれもご注意ください。

<参照>

Microsoft Officeを利用したフィッシングの手口

Office を活用し、楽しみ、そしてその新しい機能を習得する

前回、Microsoft 365 の新しいラインナップをご紹介いたしましたが、今回は改めて、Microsoft Office を活用し、楽しみ、そして、その新しい機能を習得するのに役立つ “楽しもう Office” のサイトをご紹介いたします。

  • Word や Excel、PowerPoint が入っているの何となく活用しきれていない…
  • Word や Excel の使い方が、本を見ても今一つ理解できない
  • 家計簿をつけてみたいけど、どうやって作ったらいいのかわからない
  • アルバイトや、就職活動に履歴書や職務経歴書を作らないといけないけど作り方側からわからない などなど

お悩みは千差万別…. そんなお悩みに答えてくれるのがまさに “楽しもう Office” というサイトになります。

Officeの新機能Office製品ラインナップはじめようOffice、そして Office テンプレートといった内容で構成されていて、Office 製品を楽しく活用してもらうためのサイトです。

– ”楽しもう高校生活!テンプレート”:
現在春を迎えて、高校生に向けて楽しいテンプレートが公開されています。もちろん高校生だけではなく大学生編もあります。

もちろんそれ以外にも、小学生向け、一般向け、教員向けなど、様々なテンプレートが用意されていますので、これらの豊富なテンプレート、ぜひご活用ください。

楽しもう Office キッズ
は、小学生以下のお子様向けのコンテンツとなっています。

–今さら聞けないこと、動画で勉強したい方向けのコンテンツも:

使い方を確認したい、具体的な操作方法を確認したい….
そんな方には、”今さら聞けない Office のキホン” 。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そして、Outlookの各製品の基本的な使い方が動画などで確認することができます。最新のXLOOKUP関数についても動画で学習することが可能です。

楽しもう Office” 是非ご活用ください。

<参照>

楽しもう Office

速報! Microsoft Edge にキッズモードが登場

Mirosoft Edge に新たに “キッズモード” が追加されるようです。

これまでであれば、子供用にアカウントを作成して、ファミリーセーフティを利用してといろいろ煩雑な手順が必要でしたが、ちょっとだけ子供にブラウザを利用させたい時などは、このキッズモードが重宝するかもしれませんね。

Supportサイトによれば、
「キッズモードには、カスタム ブラウザー テーマ、お子様に優しいコンテンツ、許可リストに基づく閲覧、厳格に設定された Bing セーフサーチ、終了するパスワード要件のような機能が含まれます」とあり、
また、
「お子様モードでは、お子様のアカウントやプロフィールは必要としません」ともあります。

ただし現時点では、Canary版の、さらには英語環境向けに試験配信がスタートしたばかりなので、日本語版で一般のユーザーの方が目にするのはもう少し先のお話になりそうです。

–しっかり管理するならファミリーセーフティ

もちろん、ブラウザの利用を含めたPC自体の利用を保護者の方がしっかり管理するためには、お子様用にアカウントを作成してファミリーセーフティを設定するのが一番になります。

日本語環境での利用や、今後の展開が気になるところです。

<参照>

Microsoft Edge のキッズモードの詳細
Windows 10 でペアレンタル コントロールを設定する方法
[Windows 10] 子どもがアクセスできるホームページを制限する方法を教えてください/富士通