不正な製品にご用心!

今に始まったわけではないのですが、Windows や Office などの Microsoft の不正な製品が、オークションなどで数多く取引されています。

あくまでもざっと見る限りでは、以前であれば、アマゾンのマーケットプレイスや、楽天市場などのフリマ、ヤフーオークションなどのオークションサイトでかなりの数が見られましたが、アマゾンついては、以前に比べるとかなり減っているようでぱっと見た感じでは、怪しい製品を出品しているケースは見当たりませんでした。

これに対して、楽天のフリマやヤフーオークション。なんか?すべてがこっちに集まったんじゃないか?というぐらいに集中しております。
上記の画像はその一部ですが、すべて不正な製品です。

【 不正な製品とは? 】

不正な製品とは、いくつか条件があります。もちろん製品を購入しても、結局使用しないからオークションなどの出品しているというケースもあるでしょう。そうした場合には、不正な製品ではありません。私も購入したものの、結局未開封のままユーザー登録さえしていない製品がいくつかあったりします。まぁ使う予定もないのでオークションなどで処分してもいいんですが、それも面倒なので記念にとってあります。

ではその見分け方をご紹介します。

代表的なものは、Microsoft の “非正規品の Office にご注意ください” の中の “非正規品の見分け方” にもあります。

少し具体例も含めてご紹介します。

1) プレインストール版の Office 製品

富士通や、NECなどといったメーカー製のPCには、PCと一緒に Office 製品がセットで販売されているケースが多々あります。
こうして、PCと一緒に販売されている製品のことを、”プレインストール版” といいます。
こうした製品は、その利用規約上 PCと分離して販売することはできません。仮に不要であっても、Office 製品のみ転売することはできません。
PCが故障して、PCを買い替えた場合、以前のPCで使用していた プレインストール版の Office 製品を新しく購入したPCにインストールして利用することもライセンス違反になります。
ですのでこうしたプレインストール版の場合は、仮に未使用と表示されていても単独で販売すること自体出来ないものなので、不正に販売されている製品になります。

PCと一緒であれば、プレインストール版の Office 製品は譲渡は可能ですが、譲渡するにあたっては所定の手続きを取って譲渡する必要があります。

2) 法人向け製品のばら売り

Office Home & Business 2019、Microsoft 365 Personal などのコンシューマー向け製品に対して、Office 365 ProPlus、Office 2019 Standard などのような法人向け製品があります。
法人向け製品は、ご契約いただいた企業がその企業の管理下において利用することを前提にライセンス提供されているものです。なので、こうした製品を一般向けに提供することはできません。
法人向けのMicrosoft 365 (サブスクリプション版)の場合には、Microsoft 365 Apps for enterprise と表示されます。

3) 国内で販売されていない製品

アメリカなどでは、Microsoft 365 Home といった家庭向けの Office 製品もあったりします。ただしこちらの製品は国内では販売されておりません。このように国内で販売されていないような製品は、国内ではライセンス認証をすることができません。

【巧妙化する手口】

こうした不正な製品を売る側も、どうにか一度はライセンス認証を通そうと、その手口も巧妙化しています。

— 以前多かった手口:

・ライセンス認証を代行する
・不正に入手したプロダクトキーを発行する

— 最近増えつつある手口:

法人向けの管理画面に仮のユーザーを作成し、一時的にそのユーザーにソフトの権限を割り振ります。出品者が指定したユーザー名、パスワードを発行。発行されたユーザー名・パスワードでログインさせて、いかにもな感じで、まずはパスワードを購入者自身に変更させてから、ダウンロード&インストールへと案内されます。

** ちなみにこの画面は、Microsoft アカウントのサービスとサブスクリプションのような画面ではなく、法人向け Microsoft 365 の登録ユーザー向けの管理画面でした。

ただし今回確認した例でいうと、このユーザーアカウントからライセンスが数か月後には削除されてしまうようで、数か月後には利用していたユーザーは “ライセンスなし” となり、ライセンス認証を求められるようになってしまいます。再度サインインしようとしてもサインインすらできなかったり、仮にサインインできても割り振られた製品はなく、インストールできる製品はありません。

【仮に一時的に利用できてもすぐに使用できなくなる】

こうして不正に入手された製品は、ほとんど場合、インストール当初は、出品者のサポートもあってインストールして、ライセンス認証なども一時的に通過してしまいますが、その後、ライセンス認証が取り消されたりして、利用できなくなってしまいます。

もちろん出品者によっては、数か月後にはユーザーに割り当てたライセンスを削除してしまうケースもあるようです。ユーザーに割り振るライセンスが削除されてしまうと、当然ながら、インストールされた Office 製品は、利用できなくなります。

Microsoft の Office 製品は、不正使用を回避するため、30日に一回、自動的にライセンス状況がチェックされます。

PCのリカバリなどに伴い、いざ Office を再インストールしようとした段階で、インストールができない… ということで気が付かれる方も多いようです。

安易に、オークションなどに出品したり、購入したりしないようにくれぐれもご注意ください。”知らなかった” というのは言い訳にもなりません。出品する方も、また落札して利用する方も、どちらも立派な犯罪です。

こうした不正な製品は、ヤフオクでも、楽天のフリマでもチェックはしているんでしょうし、不正な製品との報告を受けて対処もされているんでしょうけど、イタチごっこでなかなか減らないのが現実です。
オークションに出しても売れなければ、出す人も減るでしょうから、利用者がおかしな製品には手を出さない…そうした地道な取り組みをしていくことがこうした不正な製品を撲滅する上でのポイントにもなるんでしょう。

<参照>

非正規品の Office にご注意ください(Windows)
非正規品の Office にご注意ください(Office)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中