Rapport の影響

前回、Microsoft Edge が起動しなくなる件について、Rapport が対応していないために発生しているトラブルであることをご紹介いたしました。

この Rapport ですが、Microsoft Edge 以外にもいろいろなところで、影響が出ています。

その2つの事例を、パソコンのツボ本館の方で取り上げてみましたので、こちらにもリンクを貼らせていただき、ご紹介させていただきます。

1) Rapport が要因で Snipping Tool が利用できない
これは、Snipping Tool のスクリーンキャプチャーを制限する機能が関連してきますが、古いバージョンの Rapport の場合には発生するようで、今回検証してみたところでは、最新バージョンでは問題ありませんでした。

2) Rapport が原因で、スクリーンリーダーが機能しない
このケースで影響を受ける場合には、再インストールが必要になります。再インストールの際に詳細なオプションの設定を行うことで解決するようです。

インターネットバンキングなどを利用していると、銀行などからメールでインストールを促されるソフトでもあるため、インストールされている方も多いかと思います。Rapport も随時プログラムが更新されています。

Microsoft Edge への対応も遅れてはいますが、最初に、パソコンのツボ本館で取り上げた 2017/8の時には、Ver.15 にはまだ対応していませんでしたが、現在は、Ver.15までは対応済みになりました。

仮に古い Rapport がはいったままの場合には、サポートページを確認するのと同時に、一度削除して、最新版に入れなおしてみるというのも一つかもしれませんので、ぜひ入れ直しも試してみてください。

<参照>

サポート対象プラットフォーム
Rapport ユーザーズ・ガイド

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中